時間の国のアーリー

昨晩見た夢なんだけど、
おとぎ話のような夢で、
娘たちが読めるように小説にしようかとも思った
とりあえずこっちに書いちゃおうっと…


ここはどこ?
って思った…

だってね、
私の友達らしき人が、
「〇〇マミー」というお店のレアチーズケーキは絶品だよ
って言うから、
探しに来たの

アンティークな感じのお店がぎゅうぎゅうに建ってるうちの一軒、
それが「〇〇マミー」というお店らしかった

うすーい黄緑色の屋根、
お店の中に入ろうと思ったら、
みんな周りはアンティークな建物
「〇〇マミー」も見かけはアンティークなんだけど、
あは☆
…なんで普通の上部がガラス、下部が模様の入った曇りガラスの引き戸なの?

カラカラ…って戸を開けると、
狭いお部屋に大きなおばあさんが3人…
ネコがいっぱい…

レアチーズケーキの美味しいお店のはずなのに、
なんだかお店の中はぐちゃぐちゃ…

念のため私は聞いたの
「ここ、レアチーズケーキの美味しいお店ですよね」
って…

そうしたら大きい3人のおばあさんの一人が、
「そうだよ、お座り…」
と言ったの

座ったのだけど、
ちっともレアチーズケーキの美味しそうなお店には思えなかった

だってね、
長ーい食パンや、猫の缶詰や色々置いてあるんだけど、
小さなアリがたくさん這っていて、
お店もキレイじゃないんですもの

おばあさんに注文しても、
色々違う話題に変ってしまって、
ちっともレアチーズケーキは出て来ないの

食べたいのになぁ…

そうしたら、
食べる前に私はどうやらお店を出てしまったのね…

気がついたら道を歩いていたの

道の両脇には、
ウサギ、猫、カンガルー(?)がいるのだけど、
それらはそれぞれ、
ピンクの毛だったり、カラフルなパルテルカラーだった

へーんなの

そして、今度は私、家に帰ったの
見たこともない素敵な大きなお家

2階に上がる階段なんて、
間が空いていて、
ガラスで出来ているのよ

そこを登っていると、
お父さんとお姉ちゃんに怒られた
「洗濯しなさい」だったかしら…

私は怒って言ったのよ
「そうやって急に言うから…」

そうしたら私は夢から覚めたわ…何だったのかしらあの世界…


これをデフォルメしたらいいかなって起きてから思っちゃった
しかも最後のセリフは実際言ってたと思う
私寝言言うから…

姉にも「ばか」って大きな声で言ったことがあるし、
その後も痴漢を追いかけて捕まえた!って思ったら前夫の頭だったり…
   ↑
両方とも寝たふりしてごまかした… 

今回も娘たち見たけど、
爆睡していてよかった…とホッとしたよ  

私の夢は映画のようでリアルに記憶に残るのだ…
変な夢だけど、面白かった
何でカンガルーなのかわからないけど…


スポンサーサイト

私が感じた神様

今日は完全なるスピリチュアルな話かも…
信じるも信じないもあなたにお任せ… 

私は初婚でカトリックの洗礼を受け、
教会に毎週行ったり、
金曜日は魚料理、
食べる前などのあらゆる祈り…
をしているわけではないけど、
一応信者なのだ

まだ教会に行くことが出来て、
信頼を寄せる信者さんがいた頃(以下Aさん)、
やはりカトリックは自然を求めるところがあるから、
子宮内膜症で妊娠しにくい私は、
不妊治療は自然でないと止められたことがある…

その前に、Aさんの知り合いの信者さんだけど、
スピリチュアルな方の所へ連れて行ってもらったことがある…
その時私の後ろにはマリア様がいると、
おしえてくださったのだ

私は普段からロザリオ(お祈りなどに使うもの)を
お守りとして持ち歩いているし、
家にも奇跡が起こった土地で友人が購入してくれたマリア像がある

ただそれだけなんだけど、
これはマリア様にしっかり感謝しないと…
と思って教会でマリア像にお礼を心から伝えていた 

カトリックは離婚がタブーなので、
審議してもらいジャイアンと結婚することになった
私が離婚裁判中に心を壊してしまうほど苦しんだのに、
カトリックを捨てなかったと
神父様が喜んでくださって、
自ら式も挙げてくださると言って下さったのだ… 

必ず神様からのお恵みがある…

そう神父様に言われてた
でも不妊治療とカトリックの考え方に悩み
それでも長女を産むことが出来た時
神父様に長女を不妊治療で授かった事実を伝えた…

何を自然と考えるかだよ…
こうやって子どもを授かれたのは、
既に神様のお恵みだよ

そう言われて、
私は何があってもカトリックは捨てないと固く決意したのだ

そしてマリア様にそっと感謝したのだ

うつの酷い時は、
「どうしてこんなに苦しまなきゃいけないの?」
何度もそう思った…

教会に行けなくなった自分に強い罪悪感を感じていた
本当はどこでもお祈りはできる…
そうなんだけど、
私は今のヨガのように、
誰か導いてくれる人がいると祈りやすいのだ…
だから家では時々食前に(一人の時ね)お祈りしたり、
ステンドグラスで作られた十字架を見るだけなのだ…

去年のクリスマスに
「おいで」
と神様に言われている気がして、
教会へ一人で行った

帰る時だったかな…?

いつでも私のところへおいで…

という声が聞こえた…

私は勝手に自分に早い死期が近づくと理解してしまったが
そうではなく
神様は
死ぬ時は自然においで…
いつでも教会においで
ということを私に伝えてくださったのだと思った

毎回、自分を赦せないから人を赦せなくて、
御ミサの度に泣いていた私だったけど、
その日は泣かなかった
泣く必要はなかった

自分でどんな自分でもこの世に生きてていいのだ
と赦したように
どんな人でも存在していていいのだ
…と人を赦すことが出来たからだと思う

お祈りの時間は、
毎回神様に反省の言葉を伝えていたけれど、
その時は「世界の平和」を心から強く願った

これね、 母にも ジャイアンにも 話したけど 信じてもらえなかったんだ でもいいの これは私の世界だし 私自身のこと…

自分の使命って…etc (長文です)

ちょっと、スピリチュアルな話かもしれないけれど、
私はなぜこの世に生まれてきたか…
と思った時に、
私の代で毒親の連鎖を止めるため…
と思っている

それは高橋リエさんのメルマガからそう思ったのだけど、
でも「やんちゃな神様…」の金城さんから考えたら、
連鎖を止めるために私は私の家族を選んで生まれたのかもしれない

それはジャイアンに対してもそうなのだ…と思う…

母から逃げたくてジャイアンを選んで再婚したけれど、
でも両方の毒親からの連鎖を断ち切るために、
私はジャイアンを選んだのかもしれない…

ジャイアンは義妹が気にしていた、
義父がジャイアンに
「自分が厳しい躾けをして申し訳なかった」
という謝罪の言葉を既に義父から聞いていた

「ジャイアンの所は女の子だから、厳しくし過ぎるな…」
と義父から言われたそうだ…

でも、軍隊のように声掛けするジャイアン、
それは自分の親の躾け方と寮でのルールでそうなったのだと思う

子どもが生まれた時に
親が自分で気づかなければ、
自分の親と同じ表現を子どもに使ってしまいやすい…

私ややはり心に問題を抱えながら子育てしている人は、
「今の言葉って親から言われた言葉だ…」
と思うようだ…

カウンセラーは
躾けられた人からの言葉しか知らないから、しょうがない
でも気づいた時に変えればいい…
そう言っていた

そして、そんな使命を抱えてこの世に存在するなら
本当にやりたいと思っている
自分と同じような人を支えたいという仕事はどうするの?
となるんだけれど、

絶対に…とここでその言葉を使ってしまったら、
私はうつを治すことに焦ってしまうだろう… 

そうではなくて、
今私が使命感を感じていることが終わってから…
ジャイアンのことは気長に考えていくとしても、
私のうつもしばらくは持病として付き合って行こうと思う…

ツライ時もあるけれど、
何しろ「明るいうつ」なんで…

今日もヘルパーさんに話したら、
笑われた

でも、「死にたいって考えないの?」
って聞かれた…

私、そういうところ変に冷静なんだよね~

初めて自殺を考えたのは小5の時、
自分が悪いと思って友人に謝ったけど、
許される行為じゃなかった、
相手の気が済まなかったらしく、
ほぼ誰も友達がいなくて、
家でも居場所ないし、
生きててもしょうがないって思った、
自分を消すことを考えていたのだ

でも、一人みんなの前以外で仲良くしてくれる子がね、言ったの
「飛び降り自殺がいいかもしれないけど、落ちていくとともに耳から血が噴き出すんだって、
 キレイじゃないよ」
それで私はとどまった…

その後も自分がいなくなる方法考えて、
リストカットしようとしたことも、
首絞めてみたこともある…

でもね、
どうやって死んだらいいかな?
誰にも迷惑かけたくないもん

そう思ったら、
電車に飛び込むと
遺族が電車が動かなかった分のお金を支払うと聞いて止めようと思った

飛び降りはね、
今大抵のビルやマンションの屋上は入れないの
崖は自殺者に考え直すよう声を掛ける人が巡回している…
樹海もそうだ…

じゃあ、薬飲んじゃえば?
嘔吐恐怖症だから胃洗浄はイヤ…

首を絞めようとした時、
2階で母が次女を抱いているはずなのに、
急に泣き出した

あ、私は死んではいけない
次女が「ママ死なないで…」と新生児なのにそう泣いているようだった
その鳴き声に踏みとどまった私…

ここまでくるのだって、
今だってまた考えるかもしれないけど、
私の核なんだろうか…
「生きるんだよ」
と、冷静に考える中にその言葉が隠れているような気がする…

だから、考えても、
もう行動には出さない

愛する人たちを悲しませたくないもん

あと、神様と約束したから(詳しくは今度…)

ツライ時は泣きたくなるくらい辛くなるけど、
それでもいいや…
昨日スタバの抹茶ラテ飲みながら思ったんだ… 

金城さんの本にだいぶ慰められた…
本が読めなくても、
読みたいと思った時に、
感覚を研ぎ澄ませていたら、
自分はどう生きていったらいいか書いてあった
どんだけグッドタイミングなのだろう…

そして、これからもやめない
心地よさを求めて生きていくこと
心地よさを知ること



新年のあいさつ

Mt Fuji-crop 

訪問してくださった皆様へ

今年もいよいよ終わり、
私にとっては、
うつという病をきっかけに、
色々な人と知り合い、
公的サービスを受け、
自分を大切にすることを、
たくさん教えてもらったと思います。

ありがとうございました 

もし、来年も良かったら訪問しに来てくださいませ 
もがく私かもしれませんが… 

私の来年の目標…というか、キーワードは

BRAVE 

ぼちぼち 

良い加減

です。

皆様にとって、素敵な新年が迎えられますよう… 
健康に毎日が送れますように… 

DSCF4197-crop.jpg