子どもを信じる

起立性調節障害と言われてから、
毎週月曜日になると頭が痛くなったり、
微熱が出る長女

今日も微熱と頭痛…

夫婦仲が悪かったこと、
私のうつ、
学校のこと、
長女の性格的なもの、
…色々あるんだと思う

でも、私は原因探しをするよりも、
頭痛を訴える長女の事実を受けとめることにした

長女は頭が痛いんだ

学校に行く、行かないは、
私が決めるのではなく、
長女に任せようって…

4年生にもなると、休むと勉強がわからなくなる

それはそう思う
親として…


熱もいつもより高いよ、頭が痛いよ
という長女を、
大した熱ではないから行ってらっしゃい…とは言えない
それは、私が仕事をしていないから、
専業主婦だから、
かもしれない

でも、実際平熱の低い長女にとっては微熱なのだ

微熱だけで本人が行くと言うのなら、
気をつけてね、
何かあったら先生に言ったり、
保健室へ行くんだよ
と言えるけれど…

長女が行きたくないのだ

頭が痛いから
学校でもっと具合が悪くなったら嫌だから
明日お休みしたくないから

屁理屈かもしれない
そんな長女の言うことなんて気にしなくてもいい
学校は大切だから…
という人もいると思う

けれど、私は行きたくない気持ちも大切にしたい

今は、何で行きたくないか言えなくても、
後で言ってくれればいい

何で学校に行かないの?
とか
学校の何が嫌なの?
とも聞かない

何を普通に設定するかも疑問だけど、
多くの他のクラスの子どもたちや、次女も学校に行っているのに、
長女の学校に行きたくない気持ちを大事にする私は、
日々葛藤していたりする

本当にそれでいいのか、
私がそれを選んでいいのか、
娘にとっていいことなのか、
良いか悪いかで葛藤する

だから、今日ヘルパーさんに
「あまり過保護にしないで、微熱だったら学校に行かせてもいいと思うよ」
と言われたときに、
すっごい不安になった(私が)(;_;)

微熱でも行かせるってことも子どもを信じること…
だとしたら、
私は本当に過保護にしているだけなのだろうか…
娘を信じてないことになるんだろうか…

今日一日、不安になって、考えた

この不安、長女の休みに対する不安じゃない
私が周りのみんなと同じように子育てできていない
そう認めるのが怖い不安だ
みんなと同じじゃないといけない…と育てられた囚われだ

つづく






スポンサーサイト

私だけを責めない

娘たちがチョコチョコ休む日々が続いていた先週

長女が休むことが多かったけど、
寝不足と頭痛が続く長女
『起立性調節障害』という診断名がついた
喘息もアトピーもあるのに…

両親がぎすぎすしていたら、
いつかそうなる日が来る
体に出てしまう日が来る
その日が本当に来てしまった
(カウンセリングで言われていた)

今までの私だったら、
夫に悪いところがあっても、
全て自分が悪いと自責の念や罪悪感にかられていた

確かに体に出てしまった…かもしれない
(100%断定はできない)
でも、私が全部悪いと全部しょってしまうのではなく、
これから私が娘たちにどう接するかを考えよう

夫が怒ってトイレに行けない時は、私が付き添ってトイレに行こう
 *寝なさいと言われたのに、眠れないで起きていたり、夫が機嫌の悪い時は、
  トイレに起きると「まだ起きてるのか、早く寝ろ!」と怒られるのだ

あいさつや返事ができないと、夫は体育会系育ちだから、家に体育教師がいるように厳しい
でも、私は夫のように厳しくしない
だって、家の中では何だかんだ言って、外であいさつできてない方がおかしい…

大人の都合で寝る時間を左右させないよ
おおよその時間に寝られるように、私は配慮するよ
昼寝だってしなくていい、
寝たければすればいいけど、
幼児と児童は違うからね
「昼寝しろ」という言葉は要らないはず

体調に気をつけるよ
これは、私しか見れないからね
38度の乳児を外出させることはしないよ
もっと強く言うよ
いくら夫が怒ったって、私には、娘たちが大事な存在だから…

わけのわからないことで夫が怒ったら、
「何に怒っているの?」って聞くよ
もう、あなた達を振り回さないようにしたい

いくつか書いたけど、
100%私がここに書いたことをやると、
また私は私に無理してしまうかもしれないから、
出来る範囲で、
私はあなたたちを見守り、守っていくよ


でもね、問題なのは、
夫の存在にイラついてしまうから、
自分もイラついてしまうってこと

それは自分でもわかってる

私は母親になり、
自分の過去に気づき、
自分を癒し、自分を取り戻す変化を今まで重ねてきた

変らぬところもあるだろうけど、
私は夫と結婚した当初の私ではないってこと

…でもいっかぁ、私の変化に私が気づいているだけでも…

学校の先生も、担任、学年主任、養護の先生で協力してくれること、
長女はペースがつかめるまで、
無理をせずに学校に行けるときに行くこと
(実両親は文句言うけどね、それはスルーするわ)

勉強のことも協力してくれるって言ってくださったし…
娘たちは、それぞれ良い先生に協力してもらっていることに感謝しよう

私はできることをやっていこう

DSC_0435-crop.jpg 

先週描いた曼荼羅アート



書けない…

書く時間とタイミングが合わないので、
長女のお弁当

DSC_0409.jpg 

今日は、ニコニコありません(;_;)
このところ、精神状態がよくなくて、
手前の餃子の皮でチーズとハムを巻き巻きして、
焼くのが精一杯

長女も前日、発熱していたので、
アタフタする私でした~(。pω-。)

長女、無事に行って帰ってきてよかった~
o(≧ω≦)o

リコメ、もう少しお待ちください

見守る…少しずつ後ろに下がりながら…

長女が4年生になって、
代表委員に立候補した

すごーい
授業中手を挙げないのに…(正直な私の気持ち) (*゚Q゚*)

長女が言うには、『あいさつ運動』に興味があって、
手を挙げたんだとか…
相手の男子がなかなか決まらなかったと話していた先週…


今日は初めての代表委員会で、
長女は書記になった…と報告が…

おぉ~ ヽ(≧∀≦)ノ

母ちゃん、応援するからね~
見守ってるからね~


今日、月イチの教育相談所
次女の話をしたら、
私が感じていたように、
次女は自己主張が強くなってきているとのことだった…

年の近い女子同士だから、
口げんかもスゴイと思うわよ…と…

私、姉と6歳違うから、
過ごす時間がほぼ違ってこの状態が分かってないんだわ…(^_^;)

家で自分の感情を出したり、甘えられていればOK
次女を心配せずに見守ってもいいかも…
とアドバイスをもらった

最近次女は、仲良しさんとお隣さんになったので、
授業中わからないことがあると
お隣さんと相談し合いっこしているらしい…
そこを先生に注意されたようだった

次女は授業中に無駄な話をしているつもりはないらしく、
私に言いたいことを言ったら、
「私たちは相談してるから、悪くないじゃんね~」
と言いながら勉強部屋に行ってしまった

注意した方がいいかなぁ…と思ったけど、
これも先生になぜ注意されてるか、
自分で考えるのにいいんじゃない?
とアドバイスをいただく
丁度自己主張が強くなったのだから、
様子を見ていったらどうかしら…と…

なるほどね…
次女はもう小さな次女ではなく、
もう小学2年生なのだから、
私が出て行く必要はないよね

小学校のことは私より、
長女があれこれおしえたり
注意もしてるから、
それだけで十分だよね

ここで少し肩の力を抜こう…

私の出て行く時間はおしまい
これからはゆっくり後ろに下がって、
見守る時間へ変更していこう

そうすれば、私はもっとラクになって、
自分と話しながら一日過ごすことが出来るのだ…

好きなことに時間を使えるのだ… 

☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


小学生の心の洗濯?

昨晩、長女が学校に行きたくなさそうだった
「喉が痛い」と言うので、
母の勘

長女自身、全日休むか、遅刻していくか悩んでいた 

入浴後から悩んでいたので、上記の二択にしてみたが、選べない
明日朝決めようと、寝かせたが、眠れなかったらしい…
夢の話をしてくれた…

問題は金曜日のお楽しみ会なのだと思う
長女は自分で立候補して、
景品係になった 

昨日帰ってきて、
「同じグループの男子の言っていることがよく分からない…」
と…

長女は長女なりに考えがあったのだろうが、
きっと言えなかったのだろうな…
今同じ係の女子が休んでいるから、
心細いよう… 

私は、長女の話を聞くうちに、
とりあえず作る個数は納得して作っているものの、
話し合いの結果が
自分の納得いくものではなかったのだと感じた
(私みたい…)

それと長女は話し合いが苦手なのかもしれない…
それは自分の意見を押し付ける、ジャイアンに関係しているかもしれない…
状況説明すら聞かずに、
「〇〇しろ!」
と娘たちに押し付けることがあるから…

私も押し付けているつもりはないけど、
長女のペースを乱しているのかもしれない
…でも、私の中では時間的なものの中では譲れないんだ

早寝早起きしてほしいから、
のんびり自分の好きなことをやっていると、
こうしてほしいから、
今やっていることはやめて
お風呂に入って早く寝てほしいと伝えるのだけど…

私は押し付けに気をつけてるけど、
ジャイアンはそうじゃないから、
自分の意見を言うことが苦手な長女なのかもしれない…

でもとにかく、その係活動で頑張りすぎているのは、
私の目からもわかるから、
連絡帳に私のわかる範囲の理由を書き
お休みさせて、
今の彼女はのんびりTVを見ている…  

いいんだ、漢字テストも、
6年生を送る会も頑張って自分の係をやり遂げたから、
とりあえず
のんびり休んで明日学校に行けたらいいね… 

これを私の両親へ言ったら注意されるんだけど…
家で安心できて、
明日学校に行けるんだったら、
いいじゃない…と考えてる私なのだ 

ちょっと思ったよ
何があっても今のところ学校に行く次女、
良くないかな~
どうする私?って…
やっぱり私、休ませるわ
今後何かあった時にどうするか答えを探すのは自分、
私ではない
今は逃げてるだけかもしれないけど、
自分で答えは見つけないとね

私は答えを探せるまで待つよ
時間がかかったとしても…
人それぞれ…だものね…