母がおかしい

「あのさ、ばあば変だよ!」
母とコンビニに行った長女の言った言葉だ。

私は、最近母が妙に感じるけど、気のせいだと思っていた。
だから、そう長女が言っても、
「ばあばもおばあちゃんだからさ…しょうがないんだよ」
と言っていた。

でもそうではなかったんだ。
長女の目は正しい…

コンビニの店員を遠くから呼んでみたり、商品の扱いが雑、店員にタメ口。
それが気になったと長女は言う。

多分、私が分析してみると…
母は、コンビニの店員に何か聞きたいことがあるけど、
それを近くまで行って聞こうと考えられなかった。

商品の扱いが雑なのも、
もしかしたらその商品を買うのをやめて棚に戻したら、
他の人が買うかもしれない…と考えられなかった。

店員にタメ口なのは、ちょっとよくわからないけれど、
コミュニケーション障害として上司でも平気でタメ口で話す…
というのがある。

長女はそれだけ、観察力が優れているのかもしれない。
「だって、ママと買い物に行く時と全然違う。もうばあばとは買い物に行きたくない」
と最後に長女は言ったのだ。

そう、私はわからないことがあれば、店員さんのところまで行って聞く
商品を雑には扱わない。
店員ー客という立場ではあるけれど、タメ口はきかない。
丁寧語で話す。

次女もグレーゾーンに感じる最近 

長女には、ばあばはそういう風にしか考えられないんだよ。
脳の病気だから、治すことはできないの。
パパも同じ。

母とジャイアンには違うこともあるだろうけれど、
長女にそう説明したのだ。

私は頭の整理が必要だ。
母が私にとっていた行動は発達障害のせい。
そして、夫より母の方が命が短いと考えたら、
介護が必要になった時に母をどう看ていくのか…
母をどう見送るのか…
そこを考えなくては、母が生きている間にその作業をしなくては
私は多分もっと精神を病んでしまうだろう…

今の課題、母をどう受けとめるか…過去をどう処理するか…
チャイドルもどうにかしないといけないけど、
発達障害を理解しようと思うmercyの核が動いて、見えなくなっちゃった 
スポンサーサイト

自分のこだわりを捨てる

女性のアスぺルガーについては、よく分からなかったけど、
男性のアスペルガーには夫はほぼ当てはまっている…

そして私の家族はアスペルガー、グレーゾーン家族だと実感した
(ケアマネは、ブラックだって)

母は、あの日私を拒否したのではない。
アスぺとして、「ママではない、お母さんだよ」って言いたかったんだ。

私はこの40年以上、母に拒否されてきたと思って生きてきた。

でも、ちょっと違っていたのだ…

私の気持ちが理解できないのではなく、あの家族は、口にする言葉は分かっても、
口にした言葉が自分の理論と違うとどうしていいかわからなくて、
正論と思う自分の考えを言っていたに過ぎない…

自分の中の常識を一般常識と思い、
それを相手の立場や気持ちが汲めないから、
悪く言えば押し付けてきたのだ…

週末、自分がどうしたらいいかわからず、
泣きながら実家に電話をして、
過呼吸でキッチンに倒れた。

どうすればいいか知っていた長女が紙袋を持ってきてくれた。
長女が次女に「ママの背中をさすってあげて…」と指示した。
なんて、愛おしい子たちなのだろう…嬉しかった…

マンションに到着した母は、キッチンに倒れている私を気にすることもなく言った。
「お父さん迎えに来てるんだから、起きなさい」
倒れている娘に掛ける言葉だろうか…

「どうしたの?」はない。
ただ、倒れている、でも父が迎えに来ている…連れて行く…それしかないのだ。

こういう時、悲しいんだな、私…
もう頼れる人はいないって…

夫は当てはまりすぎて笑える(って失礼なんだけど、もう笑うしかないの私)
視界に入らないから、部屋干しのピンチハンガーに衝突してる…けど
全然気にしない本人、痛いとかないのかな…(何しろこっちもブラックらしい)

1人が好き

マイペースなのは、他人に興味ないから…
服装も…破れてても、冬でも、短いカーゴ履いてる…

一歩外に出るとできてる男を演じるので、平気でうそをつく
でも、配偶者が傷つくことまで考えない…

会社では上下関係は上手くやっているだろうけど(大変だろうけど)
店員さんとかには、タメ口以上…

2次的障害だと思うけど、
過食(すごい、怪獣のように食べる)
強迫神経症(鍵などへのこだわり)
意味もない動き(貧乏ゆすりが激しい)

そうそう、長女が思春期に近づいてるのに、
一緒の入浴を避けるように言っても理解できない

トイレに誰かが入ってても、洗面所のドア付近に誰か立っていても、
平気で開ける(なので、私は鍵をかけて入っている)

ノックして確かめる…というやり方は彼のマイルールにはないようだ…

とにかく注意しても、気をつけるという気持ちは感じられない。
平気で女性を傷つけることを言うのもね…

今日ここに書いたのは、しょうがないよねって自分に言ってあげたいから…

本人が困って病院へ行きたいのなら、一緒に行くよ。
でも行きたくなさそうな人を連れて行きたくない。

私の元家族は、高齢になって来たし、
姉だってもういい年だから、調べようとも思わない。

ただ、私が変わるしかない。

脳の病気だから…治しようがない。

私の対応を変えるしかない…カサンドラ症候群から抜け出せるよう…


余裕のある時に、ブログ周りが出来たらいいな。気分転換…
しばらくは、自分とまた闘います。
相手に対する期待感や、こだわりを持たないようにするために…
そうしないと、多分私自身が生きていけない…

家事はしなくていいから、子どもたちを大事にしてって…
ケアマネが言ってたから…

ブログは書くけど、
リコメはできないと思います。
コメントはオープンにしておきます。

自分勝手ではありますが、私のブログなのでお許しくださいませ。