自分のこと

 私は、現在5歳(4月から年長)と3歳(4月から年少)の娘たちのママです。

 私は子どもの頃から、実母から支配され、過干渉を受けて育ちました。そして、その影響からか、自分の本当の気持ちを相手に伝える…ということが、できなくなってしまいました。

 それにプラス小学生から嘔吐恐怖症になってしまった、とんでもないママです。

 
 実母との関係は今は良い方です。

 嫌なことは嫌、やらなくていいことは断れることができるようになったし(時と場合により、すごーい罪悪感をあとで感じますが)、少々ズルくなって、甘えちゃえなんて考えることもできるようになりました。

 ただ、初めネットのママ達のコミュニティーに相談したら、すっごいたたかれました。「親不孝」とか、「なんて娘だ」とか。でも、あとから、母と娘の難しさを知り、私だけ変だったわけではないとわかりました。


 嘔吐恐怖症も同じです。
まず、そんな恐怖症があるなんて知らなかったし、逆に治るかな…と思って、介護の世界で仕事したり、つわりで治るかなぁ…と思ったりしましたが、ダメなものはダメでした。

 でも、やっぱり恐怖症も私一人ではなく、子育てしながら頑張っている人がいらっしゃいました。私は、今年の秋に恐怖症から、チョット病的になって外に出にくい、ご飯が食べられない、眠れない状態などになってしまいました。恐怖症を改善に近づけるため始めたカウンセリングですすめられて、心療内科で薬を処方してもらい、今は普通に外へ出られるようになりました。

 薬の助けを借りて、恐怖症が自分一人でないと知って、今回2人の娘たちのウイルス性胃腸炎もどうにか一人で乗り切りました(夫が休日主張だったので)。

 まだまだ、自分を大切にできず、無理したり、疲れてしまい、娘たちには迷惑かけてしまうことが多いけど、明るい未来じゃなくてもいい、ちょっと先に希望が見えたらと思います。

スポンサーサイト