バレエの発表会

010 (94x125)


ようやく長女のバレエの発表会とともに夏が終わろうとしています。

大変だったぁ…


一日も休まずバレエの練習に行けたことと、前日の舞台練習や当日に長女が倒れず、発表会に出られたことが一番の褒めるところと、労うところです

自分の精神状態がおかしくなるくらい、食欲不振や不眠に悩まされ、発表会前日も同じ感じで、前々日にドリンク剤買っておいたもんなぁ…

久しぶりに今月中旬に会った以前の職場の先輩には、「痩せたんじゃない」と心配されるし、はい、食べられなくて痩せちゃいました

長女は、以前カウンセリングで指摘された、完璧主義に向かっているので、踊っている姿を見て思うところがあっても、先生が何も言わなければ何も言わない。「今日は頑張ったから、明日のために早く寝ようね」と言うのが精一杯でした。

もっと、笑った方が良いよとか、痒いところを掻きながら踊らないとかありますけど、最低限、一回「スカートの裾持って挨拶しようね」は言ったけど、後は本人の頑張りを尊重したつもりです。

「疲れた」とか、「足痛い」って言うと、明日倒れるんじゃないかって、すごい心配しちゃったけど、今はそんな経験しつつ、病気もけがもなくてよかったです

少しその中で、成長したのかな?

次女はほとんど長女のバレエで放置状態、実家に行っていたので、余裕のある時は甘えさせてあげたいと思います。水いぼにもなっちゃったんで…

ヨクイニン、我が家ではかわいいから『コタロー』とヨクイニンの後に書いてある表示で呼んでますが、気に入って次女は喜んで食べています。今日から、違う場所に怪しい感じのものがあって、水いぼ用の軟膏をもらってきました。

早く治りますように。

長女も何もなく、幼稚園の新学期が迎えられますように。
スポンサーサイト

衣装




今まで、2種類の衣装をもらっていましたが、昨日新しく2種類の衣装(レンタル)をもらいました。
左は、『キャンディ』というプログラムで着ます。
右は、『ピーターとおおかみ』でアヒル役(園児クラスみんな)なので、そのとき着ます。

今までは、練習中は子ども自身が履くのが大変だからでしょうか、バレエソックスでしたが、発表会では初めてタイツを履きます。ボディファンデーションも着ます。靴はバレエシューズなのかな。

親は、子どもたち一人で脱ぎ着できないので、手伝いです。あたりまえですけど…(笑)

今のところ、毎日練習に通っています。
私も実家に頼れることと、夫に結構自分でもびっくりしちゃうくらい、色々言わせてもらってます。
本気で言うと、お互い気分よくないので、私自身が言える時に冗談っぽく言うとか、すごーく申し訳なく頼むとか、しています。

明日は、久しぶりに新卒で務めた職場の仲間に会ってきます。すごーく久しぶり。
子どもを置いていくのは(夫にお願いしますが)、気が引けていつも断っていたけど、チョットだけでもオバサンになった私を見てもらおうと思います。

ラクすること

ようやく食事が摂れるようになりました

実家が近いので、頼れる間は…と思い、実母に食事を作ってもらうお願いをしました。
長女のバレエの時間が長く、昨日から毎日練習が始まってしまったので、何もできません。

すぐ近くで練習しているわけではないので、一回帰ってゴハンの準備(可能だけど)は体力的に難しいし、ただでさえ、私はちっちぇ人間なんで、長女のバレエのことで頭がいっぱい。

次女よ、ごめんね

そして、カウンセリングに行き、何が私を苦しめているのかと思えば、娘のだんご頭に納得できない自分です。
周りから、いいじゃないと言われても、いや、形が悪くないかとか、もう少しつぶさないとダメじゃないか…とか、またまた完璧主義な私が横からつっついてくるんです。

昨日、久しぶりにだんごに挑戦。でも、アメピンが見えすぎかとか、もう少し上にアメピンをさしとくべきだったか…とか、また完璧子が横から言うので、昨日は「いや、今日はコレでいい!」と決心し、バレエに行ったのでした。

今日は、9時からだったので、もう一個結びでいい!とチョー手抜き。
お昼御飯も、実家の母がタイミングよく声を掛けてくれたので、いただき、助かる!といただきました。

バレエへの送迎も、暑いので父に頼ってます。

でも、カウンセラーが「〇〇さん(私)は、やりすぎだから、もっと手を抜かないと」と何回も言ってくださいます。

それもアリかと頼れるものは頼る。無理をしない。

自分の危険信号に早く気が付くようにする、不安なもの恐怖を感じるものを避けようとしない。軽く考えない。
などなど、課題は色々あります。

それで発表会を無事に乗り越えられたらなぁ…というのが今の私の願い

自分とのおつきあい

昨日、毎月通院している心療内科の後、点滴を受けてきました。
点滴は、いつも漢方&頭痛の薬を処方していただいている病院です。

ほとんど食事が摂れなくなってしまってから、鼻水とくしゃみがとまらなくなって、微熱も続いてしまったので、

コレはマズイ!

と思い、近所の薬局に行ったら、あまりにいろいろ飲みすぎていて、おすすめしてもらえませんでしたしょうがないから、ドリンク剤だけ買いましたけど…。

点滴してもらっても、看護師さんの言うとおり、ラクにならないし、口から摂取しないとダメみたい。とほほ…

この食欲不振、原因はなんとなくわかります。
100パーセント、長女のバレエの発表会でしょう。

私が出るんじゃないですけど、踊るわけでもないし、完璧を求め家で練習させているわけでもありません。
簡単に言っちゃえば、私がちっちぇ人間なんです。

おだんご結いが上手くできなきゃとか、先輩ママたちの話を聞いては、あれもやらなきゃ、これも準備しなきゃ…と自分自身に完璧を求めているんでしょうね。

子どもの頃から、用意周到で育てられていましたから…

でも、できなかったらやってくださいってお願いすればやってくださる、発表会慣れしてらっしゃるママもいるわけですよ。だから、できなければ、やらなきゃみたいな強迫的な気持ちにならないで、のーんびりかまえてられるはずなんですけどね。でも、初めてのことだからしょうがないのかな…

あとは、毎日のように練習が入ってくるお盆時期。疲れたら無理させずに休ませようと思っているのですが、どこかに疲れて休んだらどうしようみたいな考えが頭をグルグル回っているのでしょう。

もう少し、客観的に考え、一歩離れて冷静になれる自分が欲しいです。
今、それを目指してカウンセリングも行ってますけど、自分って難しい…

習い事

昨日、同じ幼稚園のお友達の通うバレエ教室のチャリティがあり、娘たちと行ってきました。
本当は、実母と長女、私の3人で行く予定でした。

でも、実母は私が自転車を倒して負傷した日に、揚げ油を浴びて火傷しており、やっぱり母には悪いけど、私の方が治りが早く、前日にチャリティに行くかどうか確認したら、「足にできた火傷が治らないから行けない」と言われ、絶対じっと座ってられない次女を連れて行ったのであります。

やっぱりプログラムの順序を聞いておくべきだった。…と、幼稚園の仲良しさんと席を近くしてもらうべきだった。
2人とも、あきてしまい、次女は「寝ようと思ったらね(暗転したので)、明るくなったから目が開いちゃったの」と…

おい!

ママは、バレエが習いたくて、我慢して、大人になってから一年頑張ったし、もともと観るのは好き。なので、心の中で、うわぁ~とかステキとか、思って観ていたのだけど、2人にはまだまだ難しかったよう。

長女も大あくびだったので、一部終了の休憩に帰りました。

帰宅後、長女はすぐ寝てしまいました。


でも、現在長女の習っているバレエは、私が習わせたのではなく、お友達が習うのに誘われてという、ゆるーい理由です。はっきりいって、いつ「もう、いい」と言うかわからない習い事。ま、それでいいんですけど。

私は、ピアノは姉の影響で中学までやっていました。そろばんは、3級まで持ってれば履歴書に書けるという理由。習字は、小1、2の鉛筆による書き方が良くて、展示されたので、習字をやったらまた展示されるかも…という理由。水泳は、泳げない私に同情した母が、夏休みの講習から習い事に…なかなかやめさせてもらえず、辛かった。英会話は、先に通っていた姉が英語の授業で発音を褒められたことと、英語嫌いにならないようにと小6から、電車に乗り、母が付き添い通っていました。手芸が好きだから…と子どもの手芸教室にも行ってたなぁ…

英会話は、英語に興味があって、いまだに時間とお金があったら習いたいくらい。でも、好きでもないことをやらされているのに、「あんたは長続きしない」と言われ、ちょームカついたなぁ。

だから、好きなことをやればいいけど、余裕のあるお家じゃないので、高いレオタードは買えません長女よ。