職業体験

コピー ---コピー

日曜日に、プレオープンに招待され、子どもの職業体験施設、『カンドゥー』に行ってきた(^^)v

写真は、次女のモデル体験♪

「見て、見て!」タイプなのか、一番にウォーキングすることを選び、嫌がることなく楽しんでポーズまで決めていた

長女はみんなに見られることを嫌がり、店員とか、不動産屋さんとか選んでいたのに、全然性格違う。

私も次女だけど、上と歳の離れた次女と年の近い次女は差があるのか、単なる素が問題なのか、びっくり

でも、もっとびっくりしたのは、ポリスの格好した男の子が次女の靴(エナメルっぽいブーツ)を履いてショーに出ていたことだった

着替える際、次女が靴がないと繰り返していたので、モデル担当の指導者に聞くと、子どもたちの靴は決まったところに並べられていたでも、そこには…

ないっ

ポリスの子が履いていたのに似てたけど、違ったら悪いし…と思っていたら、ポリスの子のママが「すみません、衣装とセットかと思い…」

や、やっぱり…

おーい、担当者、しっかりして~

でも、担当者に何回も謝罪され、ポリスの子のママには恐縮され、プレだと慣れてないからこんなことあるのねー

結構距離の離れた場所だったから、招待された時間も18:00だったし、帰宅したのは24:00近く

そして我が家は風邪っぴきになったのでしたお正月前に…
スポンサーサイト

ノリノリ、どよーん

また朝起きられなかったと言っても、いつもの時間には携帯が鳴る

5:30a.m早いよね


インフルエンザが流行期に入ったそうで、年末に出かける予定なんか計画していて大丈夫なんだろうか…

日曜日に、プレオープンに招待されているカンドゥー子どもの職業体験ができるんだって

でも、時間は夜なんだよね最初は断ろうかと思ったけど(夫が持ってきた話)、ま、行ってみるか。
遠いいけど…

夫はノリノリ、私は気が重い

だからイヤ

131222_191726 - コピー

クリスマスケーキ、2個目

最近、過食気味だからね

じゃなくて、某有名メーカーのケーキが、大きさ知っていたのにもかかわらず、

「ちっちぇ」

と思ってしまったので、満足できなかった我が家は、22日に早目に行ったX'mas partyにもう一個購入することにした


長女のバレエのテストが、24日に行われ、良い成績をおさめて、私は気が抜けたのか翌日頭痛と喉の痛みで目が覚めたその日は、幼稚園で年長ママたちが開いてくれたクリスマス会。子どもたちに、事情を話すと、「行かなくてもいいよ」の返事

あとで気が付いたけど、クリスマス会のために用意していたプレゼントを狙っていたみたいで、誰にももらわれずに済んだと思っているみたい、それと、日曜の夜に出かける場所を楽しみにしているみたい

私はその後も気が抜けちゃって、洗濯を除く家事一切やりたくなくて、またそんな自分を責めている今は、緊張と忙しかった毎日に頑張った自分に「これだけやったんだから、疲れるのもしょうがないよ」と語りかけてみたり、「少し休もう」と語りかけたりしている

でも、「ダメだよ。ちゃんとやらなきゃ。」「早く起きて家のことやらなきゃ」「ちゃんとゴハン用意しなきゃ」と思う完璧主義者の自分がいるのがやっかいせっかく語りかけていることをメチャメチャにする毎日毎日、そんな葛藤が繰り返されている

だから余計疲れて、空回りしちゃうんだよね

幼稚園の終業式にお迎えに行った時に、「胃腸風邪流行ってて、大変だった、もらちゃって私も大変!」なんて話を聞いたら、うぅわぁ~~~
一日中そのことが頭から離れなくって、我が家にも胃腸風邪きたらどうしよう…

日にちが経つにつれ、ドキドキはおさまるけど、やっぱり予期不安に弱いなぁ自分で自分を慰めてみるんだけど、当日は効き目なし、日にちが過ぎるまでやり過ごすしかない

だからこの時期イヤなんだよねー

いつになったら大丈夫になるのか、やっぱりダメなのか、カウンセリングを受け始めてから、少し先が見えてきたような、ボーっとした感じ先は明るく考えないとね

雨、あられ

Xmas 2013

すっご~~~く寒かった

今日、心療内科の受診だったから、雨?あられ?雪?と思うほど寒くて、降っていたのはあられだった雷も鳴って、黒い雲と白い雲の境が見えて、渦巻いてるみたいで、チョット不気味な午後でした

心療内科は、前回と同じ薬で、「今、カウンセリングでリラックスの仕方をおそわっている」と先生に言ったら、「来年は薬を減らしていくのが、目標だね」って言われて、「でも焦らないようにね」と付け足された

先生、TKOの鶴瓶の真似する人に、雰囲気が似ていて、最近は緊張全くしないと言ったら嘘になるけど、あまり緊張しなくなった

以前、違う心療内科に通院していた時、先生が怖かった。診察室はいつも扉が開いていて、診察室の近くに座る私には、中の話は全部聞こえていて、時々先生が患者さんに怒るのだ。私も怒られて、逃げ場(心の)を失ったことがある

それ以来、ビクビクしながら病院へ通うようになった。そんな体験があるし、どうやら私は、父が怖い=男の人が怖い、という公式も出来ているらしい…

カウンセリングで、辛い時はお薬に助けてもらいましょう、先生には辛いことはちゃんと話していかないと…と言われ、最初は怖かったけど、最近は大丈夫じゃんって思えるようになった

夫に対しても、夫は体格がいいから、ご機嫌が悪いとすごーく威圧されている気分になるんだけど、「今、機嫌悪いの?ちょっと怖い…」と言ってみたら、「子どもたちが言うこと聞かないからだよ。」と、フツーの答えが返ってきた。本当は、その言葉だけでも怖くて、「でも、怖いよ~」って、まだ言えたら良かったんだけど、やっぱり言えなかった

でも、私としてはそういう時本当の気持ちを言えないから、すごい進歩なんだけど

今は、カウンセリングの先生の教えてくださったリラックス法をお試し中。

肩の上げ下げと、深呼吸が合わさったもので、私には雑念が多すぎるから目を閉じるといいみたい肩を上げた時に息を吸って、途中で止めて緊張感を感じて、下げた時に思いっきり息を吐き出す。その時に、イライラや、モヤモヤも吐き出す息と一緒に出しちゃうといいと、先生から…。私の肩は、いつもカチカチに緊張しているらしい。緊張と脱力を繰り返して、緊張してないときの感覚を覚えてほしいとも…

私、40年近く、緊張しながら生きてきたから、緊張しない自分の感覚がわからないのだでも最近、リラックス法や、いろいろ試し始めたら、気が抜けちゃって、忘れてばっかり、で、また自分を責めちゃうから、悪循環になりそうだったけど、周りを見渡してみると、「あ、忘れちゃった」っていうのが、多い。なーんだ、私だけじゃないじゃんっ




私が揺れる

この頃、長女と入り時間が長く、次女は実家の母に任せっぱなし…になっているせいか、甘えやわがまま、自分が好きかどうか確認してくる

バレエのテストが終わるまではゴメン、次女よ…

長女と言えば、今日はバレエの練習日だったのだけど(通常の)、もちろん練習はテスト課題。

夫が(私は冗談で真面目に取り組めよ…の裏返しと思っている)、「金メダル取らなかったら、バレエやめさせるぞ!」と言ったことを、どうやら長女は気にしているようだ

でも、その割には先生が話している間、聞いてないように見えるし、お友達が踊っている間に仲良しさんと話していたりする

おいおい、真面目にやれ

まだ年長だし…と時々何が正しいのか考えちゃう先生の話聞きなさいとか、集中しなさいは、難しいのかな…

それこそ、やること頑張ってやってみて、金じゃなかったら、彼女はどう思うのか…

悔しいと思い、これからの練習に集中していくのか、気にしないのか、それを見守るのが私の役目ではないかと最近感じてきた

周りのママ達が、家で練習していたり、練習後に注意していたりすると、何も言わない私はいけないように感じていたけれど、私自身が揺れていたらしょうがないよね

彼女が自信を持って自分の正しいと思うことをやってみて、その結果がどう表れるか、自分の思った色のメダルじゃなくても、金がもらえなくても、頑張ったねと言える親でありたい

揺らぐ

今日は長女のこと

先週末カウンセリングで、悩んでいたので先生に質問したんだけど、時間内に答えるのが大変な内容だったらしく、次回相談することになった

先週末、自由参加だったけど、小さな行事を近くの公園でやったんだけど、それに長女を参加させるか悩んだんだよね~

次女は習い事してないから、体調が悪くならなければ自動的に参加

でも、長女はバレエのテストのための練習が後から入ってしまい、明日はもとからテスト場所でのリハーサルだったものの、日曜日から火曜日まで時間は違うけど、バレエ、バレエ…

私自身は、バレエの練習があるし、月曜日のリハーサルは出ないと、全く知らないところでいきなりテストになってしまうから、それでも良いのなら幼稚園の行事に出なさいと長女に言い、長女に選択権を与えることにした

けれど、夫は何も言わず長女に選ばせればいいと言うのだ両方やりたいと言うならば、両方やらせてみて、思った色のメダルがバレエでもらえなかったら、次回からどうしたらいいか考えるきっかけになるというのだ

でも、彼女は6歳、年長さん
そんな小さな彼女に、すぐ自分の意見に揺れやすい彼女に、ただ選択権を与えるだけではいいのか…すごく悩んだ夫の言うとおりにするかしないかは、私の選ぶことでもあるけれど、私はやはり、私の意見を言った上で長女にどうしたいか、問いかけることを選んだ

そしてただ、それが正しかったのか、やはり夫の意見に従った方が良かったのか、カウンセラーに意見を聞きたかっただけなのだ

時々、私自身もすごく揺らぐのだ
子どもを一人の人間として見守るけれど、大人と同じように選択させるのか、大人が吟味して、説明した上で選択させるのか…

以前書いたように、口を出すのか、ただ見守るのか…

う~~~ん、悩むところだぁ

自己嫌悪なり

ようやく長女が平熱に戻ったら、次女が夜になる度、37度チョットの熱

昨日は長女の習い事(バレエ)だったのに、2人の病院でバタバタしてしまい、お休みの連絡を先生にも、バレエ仲間のママさん達にもするのを忘れてしまった

また、最初に決まっていたバレエの練習日以外にバレエの練習(テストのための)が入ってしまい、ちょーパニックあーんど、自己嫌悪

パニック状態は、日常生活の流れが変わるから。
自己嫌悪は、お休みの連絡を忘れていたから。

ダメだなぁ…。流れが変わって何でパニくるかは、流れが変わることによって、客観的に自分を見て、物事の優先順位をつけられない、「どうしよう」「どうしよう」とますます自分が見えなくなる。

こんな時、深呼吸して周りが見えて、物事の優先順位を考えられればいいけれど、まだまだムリ。

紙にやること描いてみるかーと今日、午前中にそれをやってみた。
うん、チョットはすっきりしたかな。

まだ、もぞもぞした感じ、スッキリしない感じはあるけれど(成功して終わらないと気が済まない)…

すっきりしないから、まだ自分を客観的には見えていないし、子どもたちにイライラしやすいし。家事なんて何にもしたくない。過食に走る。悪循環

もう少し余裕を持ちたい。
環境が変わってもアタフタしないようになりたい

風邪っぴき2匹

今日は日曜日かっ

って、突っ込みを入れたくなるくらい、平日の月曜日なのに、家族全員いたりする。


長女、昨晩37.8度。現在37.8度。幼稚園お休み決定。

次女、昨晩37.5度。現在36.3度ではあるけれど、念のためお休み。


長女に限っては想定内だけど、次女はありゃっていう感じ

この時期…というか、寒くなるとダメなんだよね長女、高熱が出やすいというか、発熱しやすい2人とも、肺炎球菌とインフルエンザb型菌(ヒブ)を鼻の中に常在させているから、副鼻腔炎になって体力が落ちるとすぐ熱を出す

耳鼻科の先生に言われたんだけど、小学校中学年、つまり3、4年生までは、この状態が毎年続くんだってま、毎年付き合う時期が来ちゃったわけだけど、私は幼稚園を休ませるかどうか迷うわけさっ行かせて、熱が出た方がいいか、念のため休ませて翌日大丈夫なのを確認して行かせた方が良いか…で。

幼稚園はいいけど、小学校は勉強がついていけないと…って、考えちゃうよね


余談、TVでノロやっていて、ちょーナーバスになりながらも、視聴して、ラクトフェリン入りヨーグルトをネットで注文ウイルス性胃腸炎は、こりごりです。自分はうつっても吐けなくて、すっごい我慢しちゃうから、ツライホント、マスクと手袋は必需品です。

もおぉ!!(牛かっ)

131208_105910 - コピー

12月になったら、すぐ出そうと思っていた叔母が作ってくれたタペストリー。ようやく昨日出しました。しかも、どこに入っているか覚えておらず、わぁ~トシとるってコワーイ

昨日は、私がカウンセリング、急遽長女のバレエの練習が入り、カウンセリングの終了時間とバレエの開始時間が重なり、バレエは、ばあばに連れて行ってもらうことにした。

夫が休みだったので、夫に次女も自転車に乗せて送ってもらおうかなぁ…とも思ったけど、着替えがあるし、自宅から着替えるには、私がいない時間に着替えなきゃいけなくなっちゃうし…で、母に着替えとお昼寝させてから行くので、髪を直してもらおうと、送りをお願いしたのに…のにぃ…

私が帰りの電車に乗っていたら、母から電話丁度、電車が少し駅で止まっていたので、何事かと思い、ホームに降りて出てみると、先生にいいから…と言われ、着替えも、髪も何もできなかったとのこと。他のお母さんは、着替えを手伝っていたのに、自分は長女と中に入れず、ダメだったというのだ。

ま、始まっちゃたし、いっかぁ。と思っていたけれど、迎えに行った時に、行きにホール内にいたママに聞いたら、そうじゃなかったらしい。先生が、長女の洋服を脱がしていって、「あら、中に着てないの?」「荷物が多いわね」と言われていたというのだ。

おいおい、着て来いって聞いてないしー

しまいには、レオタードの下に履く、アンダーショーツを履いてなくって、長女が、「今日、〇〇ちゃん、パンツなの?」「何で?」と私。長女は「今日はパンツでいいって先生に言われた」と言うのだ。

プチッ

ありがとうございましたーと出てきたけれど、どのママにも愚痴らなかったけど、すっごい腹立ってきた。

だってさっ、発表会の練習を同じところ(普段は違う場所)でしたときに、着替えるから、早めにいったら、カギが閉まっていて先生来ないと着替えられなかったじゃん。今回、夏じゃなくて、冬で寒いじゃん、だから私は母に、始まる時間ぴったりに行くよう指示しておいたのに、意味ないじゃんっ。

ってことはなにか、あのホールで練習する時は全部着た上に洋服着るのが常識でございますわよってことか?

帰宅したら、私は、

どっかーん

ですよ。「タイツは、ウチで履いてきなさいって…」と長女が言うのですよ。そんなん、聞いておまへんでー

つまり、私としては副鼻腔炎が治らず、夕方になると微熱を出す(薬飲んでるからこの程度)長女に、体力温存のために昼寝をさせているのだが、私は長女が起きた時間に家にいないし、もともとレオタードを着て行くのを長女が嫌がるので、ホールで着替えさせようとしていたわけさっ。でも、一緒に行けないからそれを母にお願いした。悪化させないようにタイツを履いて、ボレロを着て練習させようとしていたってことなんですけど

                       

その結果が、もし必要になったらと思い入れている紙パンツ(色つきの袋に入れてあるので見えない)を入れ、レオタード、タイツ、アンダーショーツを同じ袋に入れ、水筒にお茶はこぼすと色がつくと言われたから水を入れ、帰りにかぶる帽子や手袋を入れて、荷物が多いと言われ、母は「私がやります」みたいな雰囲気の先生に帰らされ(先生がドアの前に立ち、入れてもらえなかったらしい)、着替えさせるのが面倒っちいから、パンツで、バレエ用ソックスで、ボレロも着させてもらえず、練習して、寒かったらしい(最初だけ)けど、頑張り、次の日声枯れちゃいました。頭痛もするし、微熱も出てます…ですか。

私は、すっごい考えたんだよねー、バレエに行かせるか。お友達が一人休むメールが来て、また考えたんだよね。
最初先生が練習を入れた時も、カウンセリング休んで、キャンセル料払ってでもバレエの練習に行くか、ふと、考えた。でも、長女には悪いけど、今の私には自分を変えるにはもう、このカウンセリングにかけるしかない、そう思っている。嘔吐恐怖症を克服したいから…

夫は、「良いじゃん、練習できたんだから…」って言うけど、

そーーーーじゃないからっ

って言えない自分が情けない。自己嫌悪。罪悪感でいっぱいな土曜日でございました。

次女よ、なかなかかまえなくて、ごめんね

最近のこと




あれから、子どもたちの声を受けとめようと努力して、変な会話や話し方になって、ウーケるぅ感じの毎日。

最近は、子どもたちの成長を実感したり、次女のかわいい心配ごとに笑えちゃう(心の中で)自分がいたり、チョットは余裕が出てきたかなぁ。

気をつけているのは、休むことを意識する。ついつい動きすぎて疲れちゃうから…あと、5分でも横になってスキルなために頂いたプリントに載っていた呼吸法、鼻から吸って口から吐く、呼吸に集中できるよう努力する…をやっていること

ストレスのために来なくなってしまった生理も、薬で再開し始めたかなぁ?という感じ。ちゃんと、内膜が毎月はがれないと子宮体がんになりやすいと先生に言われたので、微妙な状態に嬉しいような複雑な気持ち

あとは、ノロや胃腸風邪が流行り始めて、ドキドキな毎日を過ごしてしまうので、自分に大丈夫と言い聞かせたり、ちょこちょこ考えてしまうからその度に違うことを考えようとしたり、でも、この時期は、嘔吐恐怖症の自分は過ごしにくい時期かな…

家族が健康でありますように…

やっぱり、長女のバレエのテストでレッスン時間が足りず、急な予定変更にアタフタこういう時に私は弱いらしい予定が詰まってくると、自分の予定も動かしたり、いろいろしないといけないから(あ、ねばならないが入ってるわ~)ダメみたい。気をつけようっと。