高知城と桜


子どもたちは天守閣まで上りました。
スポンサーサイト

高知へ

24日に、次女が1歳の時に倒れて、寝たきりになった義父が亡くなりました。

昨日は、急に遺影の写真を探して送るよう頼まれたり、泊まるホテルに送るための荷物作ったり、バタバタした一日でした。あ、長女のバレエの日だったんですけど、それどころじゃなくて、ためていた月謝払いに行ったり、子どもたちの喘息の予防薬もらいに(午前中受診した)処方箋薬局行ったり…

明日、私一人で行くのは不安だったので(夫がいないとすでに不安です)、高知へ行く予定にしていてくれた実家の両親と一緒です。

長女は卒園式に出ることができて、大好きなお友達と映画を見に行くこともできました。

ずーっと、容体の悪いところを保ったまま頑張っていてくれたように感じます。

だから、『さよなら』だけじゃなくて、『ありがとうございました』も伝えてこようと思います。

卒園式前後

20日の終了式は忙しかったー

一年間、お世話役をされた方の贈り物の準備、歩きコースの保護者には、早目に集金したけど、バスコースは当日集金だったし…

贈り物渡して、お世話役さんに一言言ってもらっていたら、「年長さんの保護者の方、ミニミニコンサート始まります」って先生が、急いで、年少クラスの傘置き場に置いた自分の傘を持って、年長クラスへ…

本当だったら、他のママに「集金お願い」ってちゃんと声かけてお願いするところなんだけど、待たせたら悪いって気持ちが働いて、メールで集金を事前にお願いしていたものの、とにかく急ぐ急ぐ

年長クラスのミニミニコンサートが終わったら、他の年長クラスで年少で兄弟が同じママから、集金のお金をもらい、やばい、何も言わずにこっち(年長クラス)へ来ちゃった… と気持ちが焦り、またまた年少クラスへ戻り、集金していてくれたママからお金をもらう

靴も傘も年長クラスなので、また年長クラスに戻り、ひゃー、一人ドタバタ


翌日の卒園式は、とにかくずーっと泣いていたに尽きる

長女も幼稚園生活頑張ったけど、毎日何入れようって考えたお弁当や、太鼓橋から着地失敗して今年度でお辞めになる先生にヒエピタ貼ってもらったこと、年長では軽い登園拒否になって、すごく悩んで担任の先生にサポートしてもらったこと、長女が年長になると次女が年少で2人の送迎が大変だったことなど、色々思い出して私だって頑張ったよーの涙

寒かったしみんなTDLなみに並んでたから、お世話になった先生方にも短めに話やお礼を伝えて、写真を撮ってもらって、長女のカバンと防災ずきんを渡すことになっていたママに渡して帰りました。

幼稚園が大好きで、年少の時は具合が悪くても行きたくて、それに負けた私は、幼稚園に行かせてしまって、翌日また具合が悪くなってしまったこと。それが、年長になったら、「誰も〇〇ちゃんのこと(自分のこと)気にしてないもん。」と幼稚園へ行くのを嫌がったことは、私にとっては衝撃的だった。

でも担任の先生に卒園式の時にその時の話をしたら、「あの時は壁にぶつかっていたんだと思います。〇〇ちゃん(長女)は、とても大きな壁を乗り越えたんだと思います。だから、小学校に行っても大丈夫だと思います。ね、先生、〇〇ちゃんが大丈夫って信じているよ。」というお言葉をいただきました。

なんて素敵な言葉、やっぱりこの先生でよかった…と何度も思う私でした

もう少し

明日で幼稚園は終業式。

次女は年中に。長女は明後日、卒園式を控えています。

長女も、次女も、クラス替えがあったり、新しい環境へ向かっていきます。


春は、出会いもあり、別れもあり…
別れは、長い付き合いだと、チョット切ないよね。

でも、別れてもその人は私から離れてしまっただけではなく、私の心の中にいてくれる。
そう思えたら、悲しい切ないものではなくて、新しい一歩なんだなぁ…

4月にはどんな出会いが待っているんだろう。

私は、相変わらずに自分自身を大切にできるよう、自分の思っていることを少しでも伝えることができるようになれたら…と思っています。

なぜ不安定に…?

昨日、久しぶりにカウンセリングでした。先生の都合で、先週はお休みだったので…今週は私の都合で、日時を変えてもらいました。

長女が2日連続で休んでいます。微熱程度の発熱ですが、こんなんで小学校通えんの?と心配と不安

朝、次女は長女が幼稚園お休みなので、珍しく幼稚園に行きたくないと言いました。もしかして、長女のお休み中お楽しみライフ(ただ、テレビの前に布団しいて見ているだけですけど)が羨ましいのか、幼稚園に行っても長女の姿が見えないから淋しく思っているのか…後で気づいたことですが、多分長女に手がかかり、普段と違う麦茶じゃなくて、カルピスやジュースを飲んでいる姿や、チョコチョコ長女に対応する時間が多くなり、次女は淋しかったのかな?と思いました。

でも、初めて洗面所で洗面所によじ登り三面鏡になる鏡で遊んでいる(自分がいっぱいいると喜んでおりました)らしい姿を発見

怒られるのを察知した次女は唇を震わせいつ泣いてもおかしくないモード。でも、余裕があれば「悪いことだって自分でわかっていたんだよね、ここに乗ると危ないからもうやめようね。」って言えるけど、結構出かける直前のことだったので「いい加減にしなさい!!」と怒ってしまった。

次女は、思いっきり下向きモード。あぁ~やっちゃった。でも、「怒りすぎてごめんね」とも言えず…。幼稚園の先生には朝の出来事を話したけど、何だか幼稚園の様子が気になっちゃいました。

それがあったのと長女の体調で、急に帰宅後不安定になってしまいました。長女はいたけど、自分の中で何が起こっているのか書き出してみるにはいいきっかけになると思い、紙に書き出してみました。

結局、紙に書きだしてわかったのは、私がすごく自分のことを周りがどう見ているか気にしてるってこと

自分がやりたいことを、こうだと思うことをやってみるけど、それが周りの人にどう評価されているのかが、すごく気になっていること。周りの顔色を気にして、嫌われないように、悪く思われないように、一生懸命私やってるよって言いたい自分もいる。

でも、自分がどうしたいかを大事にすることだよね。それが間違っているかもしれないし、違うって言う人もいるかもしれない、だからいっつも失敗することを考えて怖くてなかなか歩き出せない。でも、いろいろ言われても、自分はこう思うって思っていたい(言えたらもっといいかもしれないけど)。本当に間違ってるなって思ったら、そこからまた始めればいい。最後は、こんな感じの文章になった。

最後に書いたような自分になれたら。自分が何を見て、何を感じているのか、母に目ではなく、自分の目で見て感じることが出来たら…ただ、そう思ったのでした


新年度へ

昨日、次女の年中のクラスが決まった。

一番の大好きなお友だちとは離れるなぁ~と思っていたら、予想的中、他のクラスに

でも、他の仲良しさんや、赤ちゃんの時からお友達のママの子とも同じで、ホッとする

次女は、担任の先生曰く「〇〇ちゃん(長女の名前)と同じ帽子だったって喜んでました」と…。そう、長女が年中の時と同じクラスなんです。私には、スミレのお帽子がいいって言っていたのに…

長女は、小学校へ行くようになるので、幼稚園から特に昨日はありませんでしたが、卒園アルバムを自分で作らないといけないので、この前も昨日も、ワードで行事名うったり、テキトーに言葉うって写真の横に並べてみたり、整理しておりました。

幼稚園から、写真屋さんなどの写真を購入するのですが、もらってきたら早目に貼りつけていかないと、溜まるので、時間があるときに、レイアウト考えて貼ってみたり、ワードいじったり、色々です。長女の時は知らなくて、自宅で撮った写真も一緒に貼っていたら、貼るスペース無くなっちゃって 初めて、購入した写真でいっぱいになるってことを知りました (早く言ってよ~センセイ


空いてる時間で、毎年やっている、カラー帽子に名前を刺繍します。去年は、2人分で大変だったけど、今年は次女の分だけでラク~ と思ったら、刺繍に使う予定の色の糸がないっ 今日、カウンセリングついでに買ってきます。とほほ…

3年前

地震の時、娘2人と私はお昼寝中でした。

あまりの揺れに、倒れたり落ちてくるものは近くになかったものの、子どもたちに覆いかぶさりました。たまたま電子レンジの上に無造作に置いた耐熱ガラスのお皿が、すごい勢いで割れました。

震度5弱だったものの、あれほどの揺れは初めてで、子どもたちを守らなければ…という気持ちとパニックと両方。揺れがおさまってから、急いで掃除機でガラスの処理をしました。夫には連絡がつかず(和歌山にいました)、私の両親は自宅に電話しても出なくて、外出中で、歩いていたら何か変で、自分が病気で倒れるのかと思ったそうです。周りの人も座り込んでいたので、地震だと気付いたそうですが…

夫には羽田が封鎖しているから…と連絡がついたら伝えました。私の家には、母が来てくれて泊まってくれました。父は都内で働く姉を車で迎えに行きました。翌早朝、帰宅です。その当時、東京で仕事をしていた義妹は、埼玉の職場に泊まりました。

マンションのガスが自分で復旧できるなんて知らなくて、電気が使えたので、暖房と毛布で暖をとり、子どもたちは寝かし、母と津波で流される様子や暗闇で燃える海をテレビで見ていました。

東北の方々のことを考えたら、電気の使える私たちは幸せだったと思いますが、私は余震の恐怖で眠れなくなっていました。その後も、多くの方が言っていましたが、自分が揺れているのか、地震なのかわからなくなっていました。

携帯が落ち着いた頃、いろいろな友人たちに連絡を取りました。

計画停電の時は、子どもたちは楽しんでいました。懐中電気の中で食べるゴハン。早目に入るお風呂、早寝。

初めは、被害のひどさに絶句。テレビもよく見ていましたが、何度も流される被害のひどさで、自分の精神も不安定になってしまいました。しばらくは、ニュースをみなかったことも…

その子どもたちも3年経ち、長女は小学生になります。次女は、年中に。



また今度

今朝、カウンセリングの先生から連絡があって、急遽お休みになりました。

でも、用事があったから、吉祥寺まで行ったんだけどね~

週末の吉祥寺は、お天気もいいし、すごい人。

お茶して帰ろうかなぁ…と思ったけど、体調がすぐれないし、人が多いから、また今度。

長女の体操着入れる袋と、パン屋さんによって帰りました。

カウンセリングで話せなかった分、ストレス溜まっているかもしれないから、自分に無理しない生活を心がけようと誓ったのでした。

用意周到?

子どもの頃、しょっちゅう「準備できてるの?」「〇〇は用意した?」と言われて育った私。

準備できてないと、「まだ、できないの?もう〇〇(年齢のことなど)にもなるのに…」と言われ、忘れようもんなら、「だから言ったじゃない!」「ばかじゃないの」などと言われてきた。

だからなのか、少ないと心配、不安。例えば、旅行などに行くときに持っていく洋服や下着の数。これで足りるかな。他に持っていくもの。コレは使うかもしれない、こっちも…、だんだん荷物が増える。それをまた、一生懸命に大きなカバンに入れる。少ない人が羨ましい…

今の生活の中でも、子どもたちの下着は多め。幼稚園で使う上履きは、二足ずつ。年長の長女は制服だから、購入時スカートは迷わず2枚にしたけど、ジャケットも2枚にするか、すっごい悩んだけど、諦めた(金額がすごくなるから)。

ブラウスは、普通の時と冬の寒い時用に3枚ずつ。

今、長女の小学校の準備が大変、多めに買うから金額も高くなる。次女がそのうち使うからいいけど…

買う時に悩むのが嫌なんだよね、この数でいいのかなぁって…

私の中では、用意が早目にできていないと、ダメダメ人間って公式があるんだよね。準備しないで、忘れる人間は、ダメダメ人間。

そんなことないよね。用意と準備ができてる人間がすべて正しいんじゃないはず。確かに困るのは私。でも、それで親に迷惑かけていないはず。特に今は、自分の家族がいて、自分の家族は迷惑するかもしれないけど…夫は、そんなことで文句言う人じゃないし、「しょうがないよ、次から気をつけよう」と言ってくれる人だ。

気にしない。気にしない。

一番辛い時に笑ってようって決心した、あの人の言葉を思い出してみよう。

愛する人に自分を忘れられて、愛する人が手伝いを必要な状態なのに拒否され、本当は毎日泣きたいくらい辛いけど、毎日泣いて暮らす生活と、毎日笑って生活するのでは、笑っていた方がいい。人生、笑って過ごす方がいい。

そう話してくれた人の言葉を思い出してみよう。

風邪っぴき 再び

幼稚園では隣のクラスが、インフルエンザB型流行中。

我が家の子どもたちは風邪

昨日は、朝発熱した長女。そんなに高くないので元気だったし、昨日の夕方から平熱に戻って、今日は普通に幼稚園へ行きました。次女は、夜発熱、朝は下がっていたけど、鼻水がつらそうで念のため午前中で迎えに行きました。

午後はじいじに車を出してもらい、次女と車に乗って長女を迎えに行き、耳鼻科受診。

長女は吸入。次女は、喉が赤かったそうで、抗生剤と咳止めが出ました。

病院へ行くと、いつも具合悪い人出たらどうしようってどきどきしてしまうけど(病院だから具合悪い人来るんだけどね)、前の席に座っていたらしい中学生くらいの女の子が椅子に横になってしまいました。

その一列前には母親が…。女の子辛そうなのに、買い物あるからとかいろいろ言って、母親は女の子を置いて行っちゃいました。え?中学生になると、親ってそういうもん?

私たちが待っている間、診察室の奥のベッドに寝かされてましたけど、母不在。ふーん。

そういえば、私っていつから一人で病院行ってたんだろう…。覚えてない

暖かくなると、花粉症の人(我が家では夫と長女)はきついけど、早く暖かくなってほしい。寒いの苦手

一日だけ

ひな祭り

出すの手伝うからって、指包丁で切った夫

今朝、頑張って出しました。今日限りです。今日、ひなまつりですけど…

ホントに今日だけです。

不安定な日々

ずーっと、先週末のカウンセリングから?いや、カウンセリングもそうだけど、コンビニおにぎりはそうとうダメージ強かったみたい。

月曜日はお弁当作ったら、バタンキューで、両親に子どもたちの幼稚園送迎お願いした。火曜日は、じいじの車出してもらって、私も幼稚園へ行った。けど、感情が溢れて泣いた。子どもたちがお昼寝してる間に…

水曜日は自分で幼稚園送迎した。薬でしか来ないと思っていた生理が来た。今回は、割れるような頭痛に苦しんだ。

木曜は長女のお別れ遠足。雨だったから、じいじの車を出してもらって、そのまま長女が幼稚園をバスで出発するまで幼稚園にいた。バスに乗るときは、雨降っていたから、傘でママ達がバスの乗り口まで列を作って、子どもたちが濡れないようにした。

この日は、次女と長女の帰りを実家で待たせてもらった。私は、眠くて眠くて、昼食後30分昼寝。

金曜日は、長女、自由登園だったけど、幼稚園行くそうで2人分のお弁当作り。冷凍フルに使いました。暖かい日だったから、本当は遊ばせてあげたかったけど、次女は鼻水出てるし、私は体調悪いしで、すぐ帰る。

土曜日はまたカウンセリング。長女の卒園式、入学式用の靴下、かわいいのみーっけ そして、その後風邪気味だったからかかりつけの病院受診。咳の出ていた期間が長かったから、レントゲン撮られる。何でもなかったのと、先生に鎮痛剤を飲みすぎると、余計頭が痛くなるから気をつけるように言われて、飲まずにすっごい我慢して辛かった話をしたら、「3、4日は一日3回飲んでも大丈夫よ~」と言われ、私、真面目すぎるんだなぁ…と思う。

帰り、長女の小学校用の上履きと紅白帽子を購入予定だったけど、夫の靴下がちょー安で、購入。

そして、まだ、精神的不安定さは引きずっている。何だろうなぁ。私探しが心細いのかな。だって私、今でいう指示待ちタイプの子どもだったからね。自主的に何かするの、怖くなかった時もあったのに、今は怖い…

年齢のせい?