疲れ果てた

金曜日の長女のバレエは、結構私にとっては大変だった。

まず、朝から連絡帳の記入(以前から連絡はしていたけど)、2時間目終了後長女のお迎え(今の小学校は早退遅刻は要お迎え)、そのままマンションを通り越してお昼ご飯をコンビニに買いに行く。

マンションに戻ると送りをお願いした父が待っていて、一回マンションに荷物を置き、必要なものを持って、試験会場へ…

私があまり動きすぎると余計に疲れてしまうので、会場で待っていようと思ったら、先生からテスト時間しか会場を借りていないので、帰ってほしいと…

えぇ~~~~~~~~~~~ 

ダメもとで「〇〇(長女の名前)が練習したいと言うのですが…」「アラ、熱心ね~」とさらりとかわされてしまった(-_-;)

とりあえず、実家に電話してみると…留守。

しょうがなく、リノリウムというマット敷きの後、バレエ仲間のママに実家の近くまで送ってもらう。
「おじいちゃんに連絡取れなかったら、ヘイ、タクシーってよんでいいからね~」と言われ、涙涙…

実家でお昼食べてたら、ようやく父に連絡がつき、試験会場まで送ってもらうことになった。


試験会場に着いたら、「少し時間があるので練習しますか?」の先生の言葉で、長女をテスト用のレオタードに着替えさせる。
練習の後は、シニヨンにする。長女、悠長に私の携帯をいじっている…ママ、大変なんですけど…

試験終了後は終わった人から帰れる。
父に迎えに来てもらい、実家で夕食…

冬にもテストがあって、コレは次女も出るんだけど、しばらくゆっくりできる~~♪

でも、カウンセリングで頑張りすぎ!動きすぎ!と一喝されました。
「大きいことは一日一回ね。」と言われて手帳を見ながら、一日一回と自分に言い聞かせる。

洗濯も大きなもの、家の掃除は母に任せることにした。
母も高齢なので、無理のないようにやってもらう予定。

まだ、お腹の調子がイマイチなので、しばらくはゆっくりしなきゃ…
スポンサーサイト

ようやく…

いよいよ明日は長女のバレエのテスト、本来は小学生なので学校の方が大事だけど、昨年からこの日は英国本部から早退届が届くので(だからと言って出席にはなりません)、早退してテスト。

私は3年連続リノリウム(黒いマット)敷き←来年次女が受けるので

週末、長女のお誕生会があり、調子がいい(薬で気分がアップしてただけ)ので、でんと座った夫に頼めず、頑張って動いていたら、腹痛が…体が無理だと私にSOSサインを出したよう…

週末明けも疲れてるんだけど、まだ夜中にトイレに行けない3年生長女が、オムツをせず安心して出してしまい、次女もオムツが取れないのにもれてしまって、朝方起こされ、翌日洗濯機を3回回して干していたら、夕食の準備中からトイレにこもることになり、いい加減体が休めって言うから休もうと思う。

けど、翌日学校公開があって、1時間目と5時間目を見に…次女のバレエの付添も果たし、昨日は学校の講座に申し込んでたけど、もう無理でお休み。

体がSOSを出した時はちゃんと休まないとね…と反省。
ただ、夜、長女のバレエの練習の音響係は付き合う。

もう、バレエのテストが済んだら絶対休むもんね。と勝手に決めてる私。
でも、休まないと本当に疲れる…

明日が無事に過ぎますように…はぁ~(ため息)

ヘルパーさん初体験

昨日、初めて育児支援のヘルパーさんに入ってもらって、緊張した~(^_^;)

昨日は体調が良くなくて…朝からつらい(体が重い)感じだったので、ヘルパーさんの「寝てていいですよ」という言葉が嬉しかったけど、性格上寝てられなくて、椅子に座ってパソコンで検索したりして、過ごしていた…
だからか、途中で頭痛が…(-_-;)

ヘルパーさんには、土日の食事を母に休んでもらいたいのと、夫に「何食べる?」って聞かれると答えられないから、金曜か木曜に入ってもらうことにした。

私としては、これもマジメ…あくまでもうつからの自立支援で入ってもらうので、という市の担当者の言葉が残ってて何かやらなきゃいけないと思っていたけど、ヘルパーさんは休むほうが大事って思ってくれてたのかな?でも、とりあえず、お肉の電子レンジでの解凍担当。

私もヘルパー(高齢者)してた時期があるけど、さすがに手際が良くて…。
色々便利そうな調味料は、つゆの素と万能酢(これは初めて知る)。次も勉強になりそう…

でも、仕事してた時はわからないけど、ヘルパーさんを迎えるってこんな心境なのね~なんて利用者側の気持ちも勉強になるなぁ。色んな家族いたけど…

次女が「今日シッターさん来てもらったんでしょ?どんな人?」って言うので、「ごめん、ゆっちゃん、ママがシッターされる訳じゃないんだよ。ゴハン作ってもらったの」と…それからも「シッターさん」を連発するので、長女と笑った。

来週は丁度金曜日が、長女のバレエテストの本番で時間がはっきりしない(準備に行くための)ので、木曜日に来てもらうことにした。

今日は、夜、長女の自主練に付き合う。以前は一緒にフリ覚えてやってたけど、パ(ステップ)が難しくなったのと、うつで体動かすの辛いから、音響担当(^_^;) みんな頑張ってるからいい成績取れますように…

罪悪感が止まらない

昨日、姉を連れて母が来た。
母が来てる時も、パソコンゲームで起きてることしかできない自分、母が動いてるのに…と申し訳ない気持ちでいっぱい。
しかも、姉が来てどんどん片付けていく…やっぱり何もできない自分、情けない(-_-;)

泣きそうな気分だったけど、今無理できないもんね。
と自分に言い聞かせて、やり過ごす…

夫は私が起きてられるようになったから、食事が作れると思っているようで違う意味で笑える(苦笑)
カウンセラーに元気になったからって無理して食事作るのはやめなさい…と忠告を受けてると話すと言葉の意味はわかってるみたい。でも、長女のお誕生日メニューを母に頼めというのは、ウチの親を何だと思っているのだと腹が立つ。

今朝も早起きして、ちょー頑張って次女のお弁当作り(遠足の雨天延期のため)していたら、「片付けは週末に手伝うから頑張らなくていいよ」だって~私、今片付ける頭脳も体力もありませんけど…

「わざわざ姉が来て片付けてるから、私は何もしてないよ」と言うとどういっていいか困ったみたいで、「とりあえず無理しないでね」と社交辞令の言葉かけるように会社へ…

私は、夫の「片付けるから…」を一番信用してない。だって、それは自分が率先して片付けるからじゃなくて、私が片付けてるのを手伝ってもいいよ~ぐらいな感じだから。それよりまず、自分の部屋どうにかしろ~~~~と言いたい、言えないけど(^_^;)

ちょっと色々辛くなりそうだから、来週はカウンセリングで先生と話しあってこよう。
今週は、長女のバレエのテストリハーサルで、カウンセリング休み。テストも私にとっては大きなプレッシャーだけど、去年も経験してるし、仲間のママ達がいるので、結構私にはいい勉強。旦那の愚痴とか、手抜き料理とか…(笑)

わかっていてもツライ…

本当は、日曜日に鬱のひどい私がディズニシーに行ってきましたよ~って書こうと思っていたけど、昨日家庭訪問があって、気持ちが変わってしまった…

昨日は次女(小1)の家庭訪問だった。
担任は、今の小学校は初めてだけど、保護者の経験もあり教師の経験もありで、次女は幼稚園に慣れるのも大変だったから、保護者会の時に「私はうつなので、子どもに何かあったら連絡ください」と予め伝えておいた。

でも、昨日訪問に来た時に「今かなり辛い状態にあるので、育児支援を受けるんです」って話した。情報を入れといた方が良いかな~と思ったから。

「でも、お母さん、全然そういう風には見えないですよ」と言われて、なぜか傷ついた。

長女の担任は若いし、どういっていいかわからなかったのか、ただ「わかりました」だけだったけど、私にとっては「そうなんですね~」くらいに受け取ってもらえる方がラクみたい。

次女の担任は、私を元気づけようとしたのか、そう言ってくれて気持ちはわかるけど、見える病気じゃないといけないの?具合悪そうにしてないと嘘ついてるように見えるの?と余計なことを考えて悲しくなってしまった(>_<)

以前、長女のクラスメートのママがうつと他人と関わるのが苦手で、保護者会は出てこなかった。その時、クラスの保護者のまとめ役ママが、「〇〇さんって本当に具合悪いのかな~。ちっとも出てこないんだけど」って言ってるのを聞いて悲しかった。クラスメートのママは、私の友人だったから。まとめ役ママも小学校に入って仲良くなったママ。でも、あ、この人には自分がうつになっても言えないなぁ…と思った。

姉妹の習い事、バレエなんだけど、殆どのママにうつだから迷惑かけたらごめんねって予めメールした。次女の場合は、特に親の出番が多いから…

ま、でも、自分でも客観的に見ると扱いが大変なんだなぁ~と思ったりして…

今日、次女の遠足(雨で中止だけど)で給食が出ないので、冷凍食品使いまわしのお弁当作った~
いい意味で頑張った~

でも、木曜日にまた作らないといけないのが…もう同じメニューでゴメンって感じ。
あと、お弁当作る時は朝五時半に起きないと気が済まない自分がいて、それもちょっとつらいなぁ…

献立を立てられない私が、お弁当の配色を気にして冷凍食品を入れていく…次女に嫌な思いしてほしくないから…ただ、小1女子、作ったお弁当に色々うるさい、もぉ~作っただけでいいじゃ~ん(^_^;)

昨日、体調が良くて、ほぼ一日中起きていられた(^^)

朝の支度、子どもたちを学校へ出し、洗濯干した後、いつもはもう横にならないと無理!って感じだったけど、起きていられた。

だからといって、掃除したわけでもなく、ゴハン作れたわけでもなく、買い物に行ったわけでもないけど…
あ、長女の歯医者にくっついて行ったなぁ~
今、先のこと考えて予定入れるの大変だけど、次の予約入れてきた。

でも、女子は時々今の私にはグサッとくること言うよね~
長女は歯医者行くって言ってるのになかなか友達の所から帰ってこないから、迎えに行って、すっごい疲れた。次女は長女の歯医者と重なりそうだから、ばあばに耳鼻科へ連れて行ってもらった(鼻水がまた出始めてるので)

体調はいいけど、言われることは敏感。
とらえ方も「ま、いつものことだから…」とも思えるけど、傷つき方はきついかな。

あ、父です。
土曜日は毎回カウンセリングなんだけど、電車に何駅か乗らなくてはならなくて、ホームから飛び込みたい衝動が起きたら嫌だなぁ…と母に相談したら、「じゃぁ、帰りだけ行ってもらったら?」と…(行きは買い物で夫と娘たちも一緒)

私は、父がちゃんと聞いてるかなぁと思ったから、「明日のことなんだけど…」と切り出したら、「だから何時に行けばいいんだよ」ときた、あら何だかキレ気味ですけど、今私こういう状態でそー言われちゃうとキツイんですけど… 母が帰りかけ母に言ったら、「そうなのよ。すぐキレるの。年よね。トシ。」ってお互い笑えたからいいけど、お父さん!下手したら私それでずどーんと気分が落ちますよ!

日曜日は子どもたちも楽しみにしている外出なので、気分がもったらいいなぁ。
あと、夜眠れますように…

わかってもらうより、知ってもらう

今日、夫と一緒にカウンセリングへ行った。

先生が、本当は私自身の口から夫にどうしてほしいか伝えてほしい…という考えはわかっていたけれど、もうどうにもいかなかったから、周りに「説明してもらった方がいいよ」と言われて先生に相談して、カウンセリングへ行った。

先生は、医師ではないので、鬱の症状や対処法は主治医から説明を受けた方が良いとアドバイスしてくれた。そして、「誤解のないように、間に入ってあなたを応援するから、ご主人にどうしてほしいか自分で言ってごらんなさい」と言われた。

もっと色々先生と話しこんでいたら、スムーズにその状態を迎えることができたと思うが、急なことだったし、これ以上今の生活を続けていたら、私の人格が崩壊してしまうような気がして、ついつい先生に甘えてしまった。

夫が本当に分かってくれたかどうかはわからない。
けれども、言わないとわからない。お互いに。

お互いに察すれよっていうのは都合がよすぎる。
ただ、私としては自分の気持ちにフタをして40年余りも過ごしてきてしまったから。カウンセリングでも3年かかってようやく先生に自分の本当の気持ちが言えるようになったから。自分の気持ちを正直に話してはいけないと育ってきて、急に話せと言われても正直なんだかわからない。だから、自分の言葉で自分の気持ちを相手に伝えることは、自分を雑巾のように絞り出す作業で、とっても疲れる。

いっぱい泣いた。

夫にしつこいかもしれないけど、話をしてほしい。自分の中で完結する前に、「どう?」って聞いてほしい。今のうつでナイーブな私に何を言ったらいいか悩むよりも、失敗したらまたどうすれば考えればいいのだから、話をしてほしい。言い方が嫌だったり、傷ついたら、言えたらその都度言うから、気にせず言って欲しい。先生や夫の前でたくさん泣きながら、ぞうきんを絞るように伝えた。

とりあえず、無事に今日が済んだ。生きていられた。
次は、ちょっと長いけど、長女のバレエのテストまでは、苦しくても辛くても、死にたくなっても、生きていたいと思う。

今日の先生の応援が嬉しかった。
先生から、自分で言ってみましょうと言われたときも、先生の私に対する目標がわかっていたから、嫌だとは思わなかった。間違った道を歩いていないから…

らせん状に続く道、時には引き返すこともあるかもしれないけど、今進んでる道を、小さく遥か彼方に見える光をたどっていきたい。

今日、夫に対してわかってもらおうとは思わなかった。ただ、今いる私の状況を知ってもらいたかった。ただ、それだけ…

救急搬送されてきました

昨日、長女のバレエテストの練習に付き合い、下のクラスの人数が少ないので、マットを敷きも手伝い疲れた~
しかも、微熱が続いてる中、頑張ってしまった…

昨夜、微熱が続いているし、眠りが浅くて眠れないし、隣のリビングに夫にいられると気になって眠れないので、夫に「今、熱も出てしまって、夜リビングに人の気配を感じて寝られないので、自分の部屋に行ってくれない?」と聞いたのだけど、「じゃぁ、僕の部屋で寝れば?」

おいおい 私の心の声

「そういうことじゃないんだけどなぁ。い~や、どうにか頑張るよ」と言った私の言葉は地雷だったらしく、家を出ていきました。その後、言わないで我慢していた方がよかったのか、言った方がよかったのか、言わなかったらもっと熱が下がらなくなるだろうし…と悩んでいたら眠れなくなった。

あ、トイレ行きたいと思って起きたら、危うく寝ている次女を踏みそうに、なぜかどんどん左に傾く。歩いて傾くから壁にぶつかる。便座に座っても左に傾いて壁にもたれる…

最悪なことが頭をよぎった…強い麻痺は出てないけど、ヤバイ常態かも…

夫はいないので、実家に電話。両親がすぐ来ることに…

そうしたら、夫が帰ってきて、ドアチェーンをかけてしまったので、両親が来るから外してと言おうとして、呼んだけど聞こえないらしく、リビングのドアを右手で叩いたけど、聞こえないらしく、夫の部屋まで這って行きドアをたたくと、「言わないと聞こえないよ」と夫に言われた。

こういう時に、そういうんだ。

頑張って、ドアチェーンを外し、左足を引きずっていたら、「左足どうした!」私にとってはかなり強い口調に聞こえた。「もう、いいよ」そう言ったら、夫は自分の部屋に入り鍵をかけた。

その後両親が来て、経緯を泣きながら話した。
両親はそれより、傾きが気になると…

それから夫も部屋から呼び出され、私は救急相談から救急搬送されることになりました。
夫に一緒に乗ってもらうかは悩んだけど、乗ってもらった。

あとあと、脳に異常はないけど、一時的に脳の血管が狭くなったのではないかとのこと。
救急隊が来た時に、血圧の測定をしたら、少々高かった(私にしては)。

今も割れそうに痛い。頭が…しかも左前頭葉。
今週の土曜日までは生き延びて、できることなら長女のテストまでは生き延びなきゃ…


こめつきバッタ

28日から、私のうつを余計に悪化させている病原菌がGWで家にいるのだが、ただ家にいるだけ。
あ、お風呂を洗ったり、ゴミ捨ては行ってくれます(ゴミ捨て場に持って行くだけにしたら)~

でも、うつに理解がないんで、私が笑えば元気だと思い、洗濯干してればゴハンも作れるだろう…と勝手に思っているよう。
やだ~だったら、休みでも会社行ってって言いたいけど、地雷だらけと友人の間で言われている夫の地雷を踏んでしまう可能性があるので、我慢。

甘えかもしれないけど、ゴハン(既に献立が立てられない)お願いしますって毎回うつ状態の私がお願いしなきゃいけないんでしょうか…?

今は、PCのゲームやることさえ大変でやってません。夫はゲーム嫌いだから、それで機嫌が良いようです。私には、生きがいの一つがなくなっちゃったんですけどねっ。

でも、私の喘息はどんどん悪化傾向にあり、ディナゲストの副作用も、頭痛もきっつ~という感じ。

洗濯だって、頑張って干してるので、干し終わったらぐったり…。子どもたちのためになることはしたいので、辛い時は子どもたちに「ママ、今日ツライから…」と伝えるけど、次女は甘えん坊ちゃんだから、結構無理してるんだけど…

その中でも、子どもたちのためにも頭下げなきゃいけないのかしら…
それとも、「いいよ」と言ってくれてる母に夫の分まで食事作ってもらう?高齢の母に…

これから育児支援でヘルパーさんに入ってもらうのに…

う~ん、涙でそう…(>_<)

ディナゲスト→点鼻薬

今日神経内科(片頭痛)と婦人科の受診日。
婦人科は、1週間以上続かないけど、一日あいてはしばらく出血…の繰り返しで、先生に相談した。

私は「うつで喘息もひどいので、腹圧で出血するのかと思うんですけど…」と言ったら、先生が「いやいや、歯から出血して咳したからひどくなったってことはないでしょ?」と…。あ、そうか…と私は思った。

つまりディナゲストの効きが悪くなってるみたい。
先生に「一旦止めるか…」って言われたけど、「いえいえ、飲んでた方がいいです」と色々やり取りをして、結果として2週間ディナゲストを服用したら、ナファレリールに変えて、生理が来ちゃうと大変(痛みが)なので、残りの2週間もディナゲストと併用することになった。

神経内科もうつで頭痛がひどくなるかもしれないとのことで、うつに効く漢方薬に変り、辛い時はカロナールも飲んでいいとのこと。薬ばっか…慣れてるけど。

だってあと、喘息の薬もあるもんね。

ただ、更年期の副作用があるだろうナファレリールで出血がなくなれば、チョー楽(^^)
刺すような下腹部痛、腰痛、割れるような頭痛、食欲不振、胃部不快などなど、無くなってくれるだけで、かなり生活がラク♪
点鼻の副作用は、オペの後やディナゲストがなかなか効かなかった時に体験してるから、まだ慣れてる。リュープリンに比べたら、全然違う~

ただ、婦人科の薬って高いから、いつまで飲まなきゃいけないのかな?っていうのがある。
夫は冗談で言ってるらしいけど、お金のこと言われると、痛みにのた打ち回ってもやめようかな~って思う。薬飲み続けるの。頭が割れるように痛くて、気持ち悪くても…

期限付きの病気だけど、好きでなったわけじゃないしね。