ごめんなさいは?

昨日、姉妹のバレエの付添~

そして、長女の恐怖のテストの結果が帰って来た…

その場で開けようとしたら、先生に「ご自宅で見てください」と…どきどき
どきどきは私でございます。

だって、練習遅れて始めて(インフルBになり、病み上がり高知で休みが続いた)、
「ダメだ、もう金は取れない」って言ってたから、金じゃなかったらどう慰め、次にモチベーションを持って行くか、母の技量が試される時なのである

でも、ダメもとで開けたら

渡された封筒、本人が開けず、私が開けちゃって、「ごめんね~」と。ははは…

と、ここまではいいのです!前置き長い?

帰宅したら、夫が先に帰っていた(バレエの日は実家で食事してくるので)
私は気が付かなかったけど、入浴中に次女が「かえっちゃんの風鈴が壊れてた…」と。

なんですとぉ

どうやら夫がカーテンを引いた時に落としたらしい…
でも、長女が幼稚園の時に一生懸命作った作品を故意ではなくとも、落としてくくりつけられなくなってしまったのだから、
いいよね、一言あっても「ごめん」って。長女に…

夫に確認したら、カーテン引いたら勝手に落ちた…っていうから、もう謝らないことで私ぶっとんでて、「あそこは風鈴が2個かけてあるんから、カーテンそぉっと閉めないと…」と言ったら、「閉めたよ」だって。

「長女にごめんなさいは?」って言わないと言えないのかぃっ

なので、私が長女に「ごめんね、明日ママが直すから…」と。


謝ることは負けじゃない!謝る必要がある時に謝ることを親が子に見せないでどうするんだ!
「謝れ!」って娘たちに言うじゃん。
自分が謝る必要のあるところで謝らなかったら、どーなのよ。

私は謝るよ。
私が悪くなくても、その場で私が謝ることで雰囲気が悪くならないのなら、心から謝ってなくて、言葉だけかもしれないけど、ごめんねって言うよ。特に夫にはね。

あいさつ、玄関の靴の揃え方注意する前に、謝るべきところは謝れ~
だって長女が頑張って作った風鈴だよ!

興味のないことは知らんぷり。
だから、長女がとっても、パパには言いたくない…になるんだよ。

あなたが態度変えないと、娘に嫌われてるのよ~
それでもいい…じゃなくて、自分で気づいて態度改めないと、家族の中で疎外感を感じても、
私は今はフォローできないからね~

と、ここに書いたことを言えたらどんなにラクか…

でもね、言うとすねるんですよ。
「じゃあ、いい」って…(何が?)

大きい態度のデカイ昔の子どもは大変です…
奥歯かみしめることが増えたのも、夫に関係ありそうだなぁ~

↓とりあえず、終わりの近づいたあさがおに慰めてもらおう…

DSC_0284.jpg
スポンサーサイト

バレエシューズ



長女がバレエシューズが小さいと言って、5月のテストの前に購入したら、
サービスでラインストーンをつけてくれた

シューズのお下がりは良くないと思って、
もったいないけど使わなくなるとポイッ

次女も小さくなって長女のテストの後購入

そうしたら…

ラインストーンのサービスは終わっていた!


が~~~~~ん


次女はとっても楽しみにしていたらしく、私はうそつきオバサンになってしまいました

その後、次女に「ママが付けてあげるからね」って言ったけど、
ごめんね、ママは体調により前のようにすぐやるのは無理なんだ。

そして、留守中に付けたけど、

やっぱりラインストーンの大きさが違った! 

あれだけお店の中で次女の気に入る色と、大きさを考えたはずなのに…

ちょっと派手かな?
先生に注意されたら、取ればいいよね。

3個付けてみました

ちなみに長女は前革張り、次女は布の素材のシューズ。
女子はみんなと一緒のものじゃないとうるさい!あと、長女は頑張ってるから布から卒業。
次女は、何だか布が良いんだって…

9月から12月に向けてのテストの練習が始まります
私も無理のない範囲で、子どもたちと練習(音響係も含み)。
40代になると、無理になるところも多く、特に長女先生は厳しいです

嬉しいこと

DSC_0277.jpg

これは、何でしょう?

オジギソウの蕾

今年、枝が這うように伸び伸びになっていたので、
切り戻したら、余計汚くなって、自分の美的感覚に反省

今年はもう花も咲かないんだろうなぁ~
と諦めていたら、蕾発見!

長女が年中の時に通信教育のキッドについてきて…え~と、
4年かな?

一年草ですが、頑張って冬越させているのだ

かわいいフサフサのお花が咲くのが楽しみ

仲間発見!

昨日、姉妹のバレエの日で、付添い~

たまたま、夏休みだけ、長女は2年生の子と一緒にやっているんだけど、

な、なんと

そのママが、同じく不妊治療を受けていた…

だけでなく、

病院が同じ!! 

だったのだ。

バレエの付添できたのに、病院で大変だったこととか色々話は尽きなくって…
そういうもんだよね、だって正直本当に大変だったし、お金はばんばん出ていくし、コレで失敗したら後ないな…
なんて思ってたし、自然妊娠した人に話しても大変だったね~位だけど、

当事者はかなり苦労してるんですorz

私が行っていた病院は、妊娠3ヶ月まで通わなくてはいけないし、
妊娠が安定するように黄体ホルモンを毎日病院か近くの病院まで打ちに行かなくてはならないし…

私は着床がわかってしばらくしてからつわりが始まって、
それを通院のために1時間以上電車に揺られ、待たされて、また帰る…みたいな感じで。

お友達は定期を買ったつわもの!
私は回数券で通いましたとさっ

今色々と論議のあるマタニティーマークだけど、
つわりで電車に乗ってるのが辛かったから、
マーク付けてて安心だった。

つわりをDSで紛らわせてみたり、
無理になって編み物に変えたりね、
それなりに苦労したよ~

と、苦労話に盛り上がり、また話そうね…でそれぞれ帰宅。
なんか、嬉しい…

子育てしにくさ

先月から(多分両親のケンカに巻き込まれてからかな)、奥歯をかみしめる癖が出始めて…
あまりにも食いしばるから、虫歯で詰めた銀歯に穴が開くぐらい

最近は、歯を食いしばってるのは自分にSOSサインが出ているからってわかってるから、
何に頑張ってるんだろう…と考えた

子どもたちの宿題?
両親のこと?
夫のこと
家事?

何だか違う気がして…今もよくわからないけど…

ただ、カウンセリングに行って、分かったのは、前回姉妹でケンカしているときに、
「ここは家の中で兄弟げんかしてるけど、国と国がけんかしたらどうなる?」って子どもたちに聞いたら
戦争になるって言っていたこと。

それが、実は我が家では無法地帯でけんかが起きていること。

私が叱る時に、今は何でもほめて育てようって感じで、叱ることに躊躇することや、
叱る時に母や姉を思い出して本当に叱っていいのか悩むこと、
注意する言葉の選び方に悩むこと…etc

まず、できる時に無法地帯を作らずに、ルールを作ること。
ルール中でケンカが起きたら、お互いに考えさせることを提案された。

叱る時も言葉を選ぶのではなく、
私の子どもの頃は横に置いといて、
いけないことはいけないと伝えること。

特に次女は長女で失敗してることを気をつけてるから、
大きな赤ちゃんが騒いでる状態になってるので、
対応を気をつけること。←確かに考えると、きちんと話そうとすると逃げる!

いわゆる毒親に育てられた子育ては難しい…
しかも、今はうつ…

子どもに言われたことで傷ついて、情けないって思う

でもさ、ママできない病気なんだよ…

昨日、台風が来ているせいか頭痛が朝から治らず、夕方はピークで頭がぱっかーんて割れて桃太郎が出てくるんじゃないかって位…出てきたら笑えるか(苦笑)

夏休みも後半、自分のペースで行きます!って乱されてること多し

今年も咲くかな、ぺこりん(オジギソウ)↓

おじぎ草 1

いろいろ…Ⅱ

週末に、友達とお飲みに行ったのに、週明けは、帰省中の以前の職場関係の友人親子たちとボーリング

ボーリング、ハッキリ言って苦手、なので、

溝掃除担当

してまいりました

 DSの使い方も、小6のお兄ちゃんからおしえてもらっちゃった ラッキー

でも、長女がとびひのなりかけになってしまい、
が~ん


火曜日は、娘2人のバレエの付添

しかーし

長女のバレエの終了後、いきなりリノリウム敷きとキレイなお姉さんが…

もう慣れましたけど、エアコンの効いている部屋なのに、
いや~ん、
薬の副作用で顔から汗が出まくり

フルスカラシップ(全額免除)でプリマを目指すお姉さんから、中学生以上のお姉さんはご指導を受けておりました

台風来てるけど、見て帰ろう…と見て帰るけど、その間次女が飽きてしまい、途中で帰宅

長女は「全部見たかった~」「宿題出来なかった~」と色々…


水曜日、長女の歯の矯正のために都内の病院まで顎の写真を撮りに…
念のため、ランチできそうなお店を調べたけど、わからずスタバで軽~く。

帰りの電車で、背中の曲がったおばあ様が、階段で重そうな荷物を持っておられるので、そういうときどうしても気になってしまって、様子を少し見てたけど、断られたらいっかぁ…で荷物を下まで降ろすお手伝い

長女に

「ママ、お利口さんだね」

と言われる…それに笑える…


でも、連日で疲れてるんだろうなぁ、私の体。
休養を要求されて、眠い…

今日も姉妹のバレエの付添…午前中は寝てようっと

↓あさがおの種になるまえの青々とした実にズームイン(古いかぁ…)

DSC_0265-crop.jpg

久しぶりに…

先週の土曜日、カウンセリングがお休みで、帰省中の友達と飲みに行った

その友達が、直接の知り合いではなく、知り合いの知り合いを通して仲良くなった友達

すぐ帰るねって子どもたちに言ってしまったけど、
何年振りだろう…しかも2人で飲んだことなかったし、お互い色々あるから、
すごーいいっぱいしゃべってきた

子どものこと、夫のこと、両親のこと、兄弟のこと、昔の話…色々…
時間が経つのが早くて、長女から「帰ってこい」電話

友達も私ももっと話したかったけど、ゴメン、帰る~と帰宅。

長女は起きてて(小学生は10時には寝て!)、次女も泣きながら出てくる始末。
え~ん、お出かけできないじゃん

久しぶりにリフレッシュ

↓清里駅のお花

お花-crop

帰ってきました

本当は、木曜日に帰って来たんだけど、疲れていた…

もともと万全な体調でなく行った清里…

早く横になりたーい…という欲求を抑えての特急乗車。
長女は「気持ち悪ーい」(乗り物全般ダメ)って言ってたけど、悪いけど私は何もできないから、何かあったらよろしく~って夫にテレパシー(通じてないけど、多分)

清里駅で、父に拾ってもらったけど、一人後部座席で寝る

座位はもういいから、体を横にしたーい

お部屋に着いたら、さっさと布団を敷いて寝ましたとさっ

娘たちを過保護に育てた覚えはないけど(体調以外で)、寝てるのに、何かと色々聞きに来る!
うるせー、ほうっといてくれ!って言いたいけど、その他はじじばばに任せてるので、よく覚えてないけどテキトーに返事していたと思う

寝る前に初めて気づいたけど、私の裸眼になった時のメガネがない

が~ん、やっちまった… 

翌朝、長女が「ママ~、シャツがない!」って。
え?よーく思い返してみると、入れた覚えがない…

が~ん、が~ん、またまたやってしまいました 

しょうがない。
パジャマに入れたシャツと、着てきたシャツを洗って干して、使いまわそう…主婦の知恵 いやいや、苦し紛れの対処法か…

でも、いつもの私だったら、ここで自分を責めて、ずーっと一日凹んだ生活送るけど、
今回普通じゃないのに、あら?前向き、なかったら買えばいいじゃん

この日は、
山荘周辺散歩(夫に誘われた)→朝食→ポニー牧場→隠れ家的な蕎麦屋→清泉寮(ソフトクリーム食べに)→清里駅周辺で買い物→夕食→花火

長女のシャツは、洗って干せばどうにかなりそうなので、買わなかった

最終日、
朝食→八ヶ岳パイ工房(イトコおすすめ)→萌黄の村→清里

私のことですので、地ビールとか、夜はじじばばの部屋で宴会とか、飲みまくりでした~
あと、長女が車に酔って限界そうなのに、もりそばをペロリと完食してビックリ! 悪いけど、私は酔ったら水が精一杯よ!

帰りは電車で爆睡でした

スマホにマクロ機能がついているのを知り、挑戦!そろそろ終わりが近づくあさがおです。

あさがお3

ナガサキ

今日から、清里。

その前に、長崎の話。

元々、キリスト教に興味があった。
気が付いた時には、どこにも自分の居場所がなくて…

長崎に行って、気持ちは強くなった。
戦争のこともあるけれど、『永井隆』さんの本を読んで、余計に強い心を持ちたいと思ったような気がする…

初婚でたまたま結婚相手が、カトリック信者で、結婚するには絶対カトリックの勉強をしないとこの家には入れない…と感じた。
だんだん、洗礼を受けないと嫁として認めてもらえないんじゃないかって思った(かんぺき子の考えることですね~)

相手の父親は、長崎出身の神父様になろうとしていた人、母親は古くから信仰のある家で育った人だった。
昔は、兄弟が多かったから、それぞれの兄弟で、シスターだったり神父様がいたりした。

日常会話もカトリックの話か高齢者の話。

結婚と同時に洗礼を受けた。
わざわざ親類の神父様が式の進行もしてくれた。

完璧にカトリック信者になって、嫁いだ家に入ろうって何回も思ったけど、今考えるとチャイルドが嫌がってたんだと思う。
けど、無理してどうしたらいいか考えた。
相手の両親とか、兄弟に聞けばよかったかもしれないけど、大人は信用できないから…

教会の売店で、永井隆さんの本を見つけては、何冊か読んだ。
少し救われた。
私もこういう人になりたいと思った。

初婚の夫と離婚の二文字が頭によぎった時、新婚旅行で行った…というより、旅行も兼ねた義父の親戚のあいさつ回り(しかも両親も一緒の旅)だったので、再出発の意味でもう一度長崎に行った。

念願の永井隆さんが住んでおられた小さな家を見て、長崎の教会を歩き、もう一度頑張ろうと思った。

でも、結果としてはダメだった。
私が完璧主義という性格を変えないと、一緒にはいられなかったんだと思う。

離婚を考えても、もう私はうつ状態だったと思う。
食事も食べられず、どんどん痩せていく。
そんな体で、自分が生きていくための生活費を稼ぐことは無理だ!

だからといって、あの地獄のような実家に帰るの?

そんな考えが頭の中で綱引きしてた…

きっかけはやってきた、椅子を投げられ口を切った…
怖くて父にすぐ迎えに来てもらった。

離婚することになった。

地獄の実家にいることになった。

しばらく心療内科に通った。

カトリックでは離婚は認めてないから、結婚に詳しい神父様を訪ね、相談して裁判を起こした。
叔父の神父様は、送った書類を突き返してきた…
でも、私の後ろには違う神父様がいたから、協力してくれた。

裁判の結果を待ちながら、神父様の提案でもう一度勉強し直した。
今考えると、チャイルドが邪魔して全然腑に落ちなかった。
まだ完璧な信者にならなくては…と思っていたから…

地元の教会で、その話を地元のY神父様に話したら、
「そんな辛い中、よく信仰を捨てなかったね」
と言われた。

今の夫と結婚して、不妊治療もタブーとされるカトリックで、私は2人の娘を授かった。
神父様に、持病で妊娠しにくいことや、不妊治療のことを話した時、
「自然にってどこまでが自然なんだろう」と神父様はおっしゃった。

「君が辛くても信仰を捨てなかったから、神様のお恵みを受けられたんだよ」
神父様にそう言われたとき、何があっても信仰を捨てないで生きようと思った。

今はうつや、かんぺき子がいるから、まだ教会には行けてないけど、
長崎は私の信仰の原点なのかもしれない…

今日は…

広島に原爆が投下された日。

私の両親は戦前生まれ、なぜかヒロシマ・ナガサキは私の暦の中から抜けない…
別に子どもの頃から祖父母両親に戦争の話を聞いていたわけではない。
でも、「平和」という言葉の思いが夏になると強くなる。

戦時中、母は東京郊外に住み、父は祖父の仕事の関係で朝鮮にいた。

母から郊外でもどれだけひどかったか話を聞いた。
父が戦後大連から船に乗るのに、祖父母と一瞬はぐれ、中国残留孤児になりかけた話も聞いた。

でも、広島には関係してない…
けど、ずっと原爆ドームが気になっていた私。

学生時代、全国の大学生協主催で、広島・長崎に行き、平和を考える会に参加した。
その前の年、学園祭で折鶴を折鶴の形の絵の描いてある段ボール板に、折り紙を折っては貼ってもらった。
私はそれを持って、広島と長崎へ行った。

原爆、おそろしいと思った。
たった一つ投下されただけで、こんなに大勢の人が亡くなり被ばくして…
自分の心の中でたくさん泣いた。

ただ、その時同じグループじゃないのに、今も親交のある友達ができた。
彼女と私は信仰さえちがうのに…

今起こっているテロ、紛争…そこに巻き込まれる全く関係ない人々…
聞いていてツライ。

今、この精神状態で聞くニュースではないかもしれない。
でも、現実に目をそむけてはいけない。
日本は大丈夫…なんて100%ありえない。

だからこそ、日本を代表して国を動かしている政治家に頑張ってもらいたい。
日本は平和バカなのではなく、住みやすい国にしてください。

疲れた…

今月になり、娘たちのバレエが週2回来てもいいよ~と先生が言って下さり、次女のバレエから長女のバレエまで付き添うと結構疲れる~

それだけじゃなくて、長女の歯の矯正が始まったから、声掛けだけで疲れる

自分で意識してできるようになってほしいのだけど、眼鏡も学校じゃないからかけてないし、なかなか難しい…

そうなの!
2人とも、まだ何を優先して動いたらいいかわからなくて、同じことを繰り返し注意する毎日…

それも疲れる原因

姉妹ゲンカもすごくて、私も経験してるからわかるんだけど、2人に言ったのは、

そうやってお互い言い合いっこしてるから続いてしまうんだよ!声も大きくなるよ!
それを聞いてるママはもっと具合が悪くなっちゃうよ。
そうやってお互い争うから結果として何が起こると思う?国と国がケンカしたら戦争だよ(話がデカいけど)

という話。

最近注意すると、「ママが具合が悪くなる。戦争になる」と呪文のように言うようになっちゃったけど、一旦休戦になるから、まいっか

ただ、注意する時に出てくる言葉が「あれ?どっかで聞いたことがある!」と感じると、あとから母に言われていたことに気が付く。
もう少し柔軟に色んな言葉を使って注意したりできればいいんだろうけど、
もう何年もそう言われ続けてきちゃったら…ねぇ…染み付いてしまうのですよ。

あと、日々起こることの中で、私は大人の私とインナーチャイルドが闘っているらしい…つまり葛藤ね

でも、2人のケンカの時に休戦させる方法は、私のオリジナル

最近終わりに近づいてきたかなぁ~と思う癒しのあさがお。

あさがおさん