どっぷり

真夜中寝られないと、
曼荼羅アートにどっぷりハマる私… (〃▽〃)

DSC_0414-crop.jpg 

自分のことでいっぱい、いっぱいな私…

でも、寒暖の差があるこの季節、
娘たちは代わる代わる鼻かぜ発熱 Σ(ω |||)


サイズが合わないからと、
処分してしまうのはもったいなくて、
余ったところにも描いてみたDSC_0415-crop.jpg

切れた模様も、
味があるんじゃないの~
と思ってみたり… ヽ(≧∀≦)ノ

曼荼羅アートは、
間違いはない、
何を描いてもいい…

自分の中のルールに縛られている、
拘りの中に縛られている
私の気持ちや、色々を解放してくれる…

描いていて、
スッキリした気持ちになれるのは、
私を解放しているからなんだと思う

コチコチの私からの解放…
心地の良い私になれますように… o(≧ω≦)o




スポンサーサイト

ボチ、ボチ…

簡単には変れないけど、
ちょっとずつ
先に進んでいるとは思う

そして、やっぱり眠れない日もあるわけで…

道具がそろったから、
真夜中に描いてみたよ

DSC_0412-crop.jpg 

頑張ったつもりはないけど、
一枚描いたら、
もう一枚描きたくなって…

翌日手が痛い…
やりすぎ(?)
まぁ、それもいっかぁ…

何を我慢しているのか、
まだ食いしばってしまう…

微熱のある次女と、
今日はのんびり過ごします~ (〃▽〃)

ワークショップは、自分の体優先にして、
キャンセルしました

涙が…

昨日は、自分がこの先どうしていったらいいか、
自分の周りをどう感じていったらいいか、
そういうことがわかりかけてきて、
感情も緊張感もゆるゆるになったようだった… (・∀・)

力が入りっぱなしだった先月
私は大丈夫?って思ったGW

以前に比べたら、
ちょっと元気を取り戻す時間が
早くなった気もする

でもね、落ち込むと体全部で何かを我慢してしまうんだろうな~
最後は体調を崩す…

今回は、
またちょっと違う私にもなれたような気がするから、
苦しい時間だったけど、
それもまた良かったのかな~とも思う

だ、け、ど
やっぱり体は正直だ

ツラかったよ~
っておしえてくれるんだ

ホントに休みなさいよ!!
って言われてる感じ

今回は喘息まで良くならなくなっちゃったからね、
いっぱい我慢してたからね(食いしばりです)
トイレにこもるし、
高熱ではないけれど、
微熱が昨日から続いて、
今日はチョット高め

朝トイレにこもった時は、
いつもよりツラくて、
心の中で
「助けて~」
って何度も叫んだ

ブログにきてくださる方々を思い浮かべて、
家族も思い浮かべて、
私は私に「大丈夫だよ」って何回も声掛けた

夕方から復活した時は、
音楽聞いて泣いてしまったり、
(キョンキョンの『あなたに会えてよかった』)
いつも字幕で観ている『BONES』を観ながら泣いた
(娘が殺人に見せかけて自殺した話だった)

今日も朝の『ひよっこ』観て、
うるうるしたっけ… (ノ_<)

自分の感情が豊かになったのかな~
って…

昨日の満月は特別にエネルギーが強かったらしいから、
寝る前に月光浴
ついでにお月様に
「あなたのその強いエネルギーを私にください」
ってお願いしちゃった

そして、
私を取り戻すために
自分のお金で購入したメモリーオイルに月の光を浴びてもらったんだ

月の瞑想もして寝たよ

疲れていたんだね~、私、
朝まで起きなかったよ w( ̄o ̄)w

でも、いつものごとく
無理してましたよ~って感じで熱が出たみたい

私の周りの人たちは、とっても優しい
を無条件で取りいれたら、
私も私に優しい気がする

週末はカウンセリングと、
勇気を出して高橋リエさんのワークショップに参加予定
それまで、
休めるときに休みます

素敵な週末を… ヾ(・∀・)ノ

アタシ様参上

やってしまった…
考えてみたら、寝る前の薬を飲むのを忘れていたらしく、
一睡もできなかった Σ(ω |||)

でもね、その中で色々感じたの

母の呪いと言ったら、大げさかもしれないけど、
私にとってはそう表現した方が、ぞっとして身に染みるかも…

幼少から周りに否定され続けた私(と勝手に思っている)、
段々と自分の存在も否定するようになっちゃって、
でもね、だからこそ、私はここにいるという認めてほしい感が強いわけです

それが、母に向かっている時はいいのだけど、
それを自分の周りにも向けてはいけないのだわ

母は話さない時は機嫌が悪かった
前にも書いたけど、私の存在を無視しまくった
でも、それは母であって私の周りの人たちも同じ態度をとるわけではない

母、自分、他人と割り切れて考えられないから、
全てがごっちゃになり、
何が起こるというと、
私は認めてほしい気持ちがいっぱいで、
周りに自己主張しまくりで、
認めてもらわないと不機嫌になる(うわ~)

私はいつでも認めてほしい自己主張でいっぱいだから、
しかもその私は、
ちょー上から目線


アタシ様です


アタシ様が淋しいのだから、
アタシ様の方を向いていなさいよ
アタシ様を気にかけていなさいよ(アタシ様が満足するまで)

アタシ様が言ったことに、
アタシ様が待っていた答え通りに答えなさいよ

違う答えを言ったもんなら

ちっ、コイツ、アタシ様を認めてねー
(アタシ様を認めなさいよ、アタシ様は淋しいんだよ←しかも怒りモードに直行)

つまり、不機嫌になるわけですね、
拗ねたりなんかするわけです
何という人格…酷いです

でも、アタシ様、
表面上は気にかけてもらってもあなたは気が済まないはず…
そんなことしてもらわなくったって、
あなたはもうこの世に存在した時から、
存在を認められているのです
存在することに、周りの皆さんは肯定も否定もしませんけど、
存在しているということは認めているのです

存在を認めてもらっているということは、
淋しくないよ
無視されていないよ
嬉しいことなんだよ
それだけでいいじゃないの
私が良ければいいじゃないの

私の周りは母じゃないの、
母と違う人間、反応も様々
話したことに、人それぞれ色んな反応をする、
それは全て同じ人間じゃないってこと

それにいちいち反応しまくっていたら、
私が疲れるよ
今日みたいに朝からトイレにこもりっきりになって、
トイレから娘たちを見送るんだよ (ノ_<)

存在しているだけで、
私は無条件に認められているってことなんだよ

私は、ただ私として存在していればいいの
それだけでいいの

認めてもらってるんだから、
もっと認めてもらわなくていいの

ね、アタシ様がいばってるから、
娘たちにもそうやって接してきて、
チャイルドどうしのケンカ
親子の言い合いじゃなくなってるでしょ!
長女も次女も
「ママ大好き」
って愛情たっぷりでべったりするじゃん
娘たちにも認めてもらおうとしなくていいのだよ

私は分かったんだ
アタシ様という存在(チャイルドでもボクでもない人格)
そして、チャイルドにも、ボクにも、アタシ様にも優しくするよ
私にも優しくするよ
でも、どんだけ出てくるんだろうね…
高橋リエさんも言ってたけどさ~ (//>ω<)

誰が何を思っているかなんて、
聞いてみなきゃわからないし、
そこで私がチャイルドたちと反応して、
ネガティブにならなくていいんだ

反応しまくってたら
私はチャイルドたちと一緒に歩くどころか、
チャイルドたちに私を乗っ取られてしまう
それじゃぁ、私にはなれないんだ (;_;)

もう、いい加減
母のご機嫌とるのはやめよう
私自身のご機嫌をとろう

私はダメ人間ではないよ

私はダメ人間として存在してないよ

もっと周りにも優しくなろう


そして、落ち着いたのかな、
少し…
また何かに反応するかもしれないけど、
それは私が反応しているのではなく、
アタシ様が幼少期を思い出して、
癒せてない傷を思い出して、
叫んでいる時かもしれない

みんな優しいなぁ
私って幸せ❤
と思って幸せを感じてみた ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

生きていてよかった
嬉し涙じゃ~(書きながら、うるうるする~)(*≧∪≦)

まぁ、そんなことを真夜中に書きまくっていたわけです
書いた方が目に入って頭で考えるより、
私にはいいみたい

で、書いた言葉に泣く私…幸せだ~ ♡♡♡

長々読んでくださり、
ありがとうございました <(_ _)>


世界を敵に回す(?)

自分の心と向き合うために日々過ごしている私…

今日は、なんとなく何もやりたくない気分だったので、
洗濯干す以外はや~めた!!
眠いから寝ちゃえ~と午前中寝逃げ?
ふて寝?
…というより、私は拗ねて寝ていた(がしっくりくる)(-_-;)

いつものパターンだと、

自分の精神状態が落ち込んでいる
    
落ち込むと色々ネガティブに考える
    
全てがネガティブに見える
    
体にきて倒れる

こうだ

でもね、私が最近読んでいるブログの方々は、
「世界は赦している」とか、「世界に愛されている」とか、
書いていらっしゃるのです

「世界は優しい」と書いてらっしゃる方もいる

でも、
私はぜーんぜん、そうは思えない (*`^´)=3

世界は優しくなんかしてくれない
厳しいばっかりじゃん
私の世界だけそうなの?

とか不満いっぱいで、
しまいにはその方々の文章さえ読まなくなるのです すっごい勝手なヤツ

ずっと「世界」を考えていた
どうしたら「世界」を受けとめられるか考えていた

そしたらね、なんか私って自分で世界を敵に回して拗ねてるなぁ…
と思った Σ(ω |||)

怒りのポイントも、
世界は私に優しくしてくれないし、
私を認めてくれないじゃん
…と拗ねてるわけです (//>ω<)

勝手に世界から「ダメ人間」レッテルを貼られていると、
考えたり、感じたりしている自分がいるわけです (//>ω<)

でも、世界は私を「ダメ人間」だなんて言ってない
私は、私を勝手に自己否定してるだけじゃん
私は、勝手に自分の世界だけで物事考えて判断しているだけじゃん
誰も私の存在を否定もしてないし、肯定もしてないよね

とか、いろいろ感じてみたら、

自分で何も言われていないことに対して、
嫌われているとか
怒られているとか
「ダメ人間」だと思われているとか…
なんてネガティブに色々考える自分なんだろう 
そう思った

(・。・;

そんで、そんな自分に笑えた
変なヤツ~
どんだけネガティブが好きなの~って… 

世界は優しい…と受け止めたら、
今私は世界に嫌われてもいないし、
怒られてもいないし、
「ダメ人間」なんてレッテルを貼られていない

私が勝手にそう思っている

うわ~
勝手すぎるわ~

これこそ、自分勝手(?)


私はどんなことがあっても、
世界から見放されない
世界から赦されている

多分、怒ったり、イライラしたり、ネガティブな感情は、
自然な私だけの感情ではなくて、
母が関わっていたり、
自分の感情を出さずに我慢して、押し込めようとしているから、
そのネガティブな感情が私自身を苦しめているだけなんだよね
押し込めるって、すごく力が入ることだもんね

そして、そのネガティブな感情を
自分で感じようとせずに、
受けとめようとせずに、
外に向けるから、
世界が敵に見えちゃって、
世界中のものすべてが自分を否定しているように
感じるんだよね

世界は優しいんだ
甘えることや頼ることに
いや~自分で頑張るからいい!! (*`へ´*)
と勝手に意地を張って、周りに甘えようとしないのは私

だって、「イヤ」って言われたら怖いもん (;_;)
(コレは私の感情より、チャイルドの感情が勝ってるからだな)

でも、勇気を出して言ってみるしかないのだ
ダメだったら考えればいいじゃん、私 

それについては、また書こう…

とにかく、私よ、
ここに存在していることを自分で認めよう

私は、怖くて、不安で、ネガティブいっぱいでも、
両親からいっぱい愛情受けてここに存在していることを
認めよう











葛藤

正直、毎日辛い
ここまできたら、とことん自分に向き合ってやる~
と思ったり、
あ、やっぱり、これ以上は無理だわ~
と逃げてみたり、
様々な私… (;_;)

でも、ツライの我慢しているから、
口の中がどうなってるのか分からないくらい、
違和感
食いしばりが酷い

生きるために食いしばっている感じ

母の呪いがここまでだとは思わなかった…
私の考えが甘かった…
次々と母の呪いがやってくる


でも、ここに来てようやく気づいたんだよ
本当に私、自分の人生生きてないなって… orz


母のためのアプリ搭載して、
存分に外の世界でも母のアプリを使いまくっていた私

私の母に接するように私が人に接することが、
おかしいと全然気づいていなかった

今回のことでようやくわかった

お母さんのために察しないと生きていけない
お母さんのために自分の感情を出してはいけない
見捨てられるから
お母さんはかわいそうだから私が手伝わなきゃ…etc.
私の中に『お母さんのため』というアプリがいくつあるんだろう…

もう私は大人なんだから、
お母さんのために生きなくていい
自分のために生きる
自分のために生きていい

お母さんはお母さん、
私は私…

そこですっごい葛藤している

大人の私とチャイルドが…


何で私たちがいつも変わらなきゃダメなの?
とチャイルドは泣いているの

そうだね、何でいつも私ばっかり変わらなきゃいけないんだろう…
そう思うよね。本当にそう思う。

でもね、今見ている現実は、チャイルドと私で作ってしまったんだよ。

本当はもっと周りは温かいはず、愛に満ち溢れているはず…
でも、私はサバイバルを生きていくために、
生まれてから今のアプリを搭載して生きることを決めたんだよ
そうしないとね、生きて来られなかったから…

もう、お母さんのためのアプリでなくてもいいの
今の現実を生きていくためのアプリがあればいいんだ、と思うんだ
お母さんのためのアプリから現実を覗くのではなく、
私という目から現実を覗くんだよ

お母さんの敷いたレールは私の人生じゃない、ニセモノだよ
私の人生は私のものだもん
誰のものでもないんだよ

ね、それに協力してくれないかな…チャイルドたちも…
私一人じゃ心細いんだ
私一人じゃ倒れてしまうかもしれない
でもね、みんなで一緒にいたら強くなれると思うんだ

そんなことを、
買い物行く道中
自分の心の中でやりとりしていた私…

チャイルドたちを否定するわけにはいかない、
サバイバルを生きてくる中で私の大事な本音だったから

まずはチャイルドたちと、
話し合うんだ
お互い納得できるまで…

そのあと、なんだ…
私は愛されて生きているというところにたどり着けるように…

母から愛されていたことを知った時
私は今まで何を見て、感じて生きてきたんだろう
私は母から十分愛されていたではないか…

そう思えた

祖父母両親が、
私の思ったように感情を上手く表現できなくても
私が色んな言葉に傷ついたとしても
その中に愛はあった
その事実は変わらないんだ

今日は昨日より気分が良い方だ…




少しわかったこと

ようやく心に晴れ間が見えてきた感じ…

苦しくて、辛い時もあるけど、
ここずっと自分を横に置いたり、
自分と向き合ったりをそれなりにしてきた

もがくこともあって、
時には本やメルマガ、ブログを読み漁ったりしたけれど、
こういうときって、
急いで答えを出すのではなく、
自分に矢印が向いてる分、
『答え』だと思うキーワードは
いつか自分の腑に落ちて、
目からウロコだったりするものだから、
安心して(?)待とう…そう思っていた

そしたらね、やってきたよ
カウンセリングで自分の気持ちを
正直に吐露したからだと思う


以前にもちょこっとブログに出した
前者、後者

私は後者なんだけど、
後者なんだけどね、後者だとわかっているのに、
なんかちょっと前者っぽい?とこがあるの私((((;゚Д゚)))))))

最初は、ただ前者アプリを搭載しているだけかと思っていたのよね

でも、違うのだ
私は育ってくる環境で
前者アプリを搭載しながら育ってきてしまったんだ
(母に認められたいがために)

だから、それなりに察することが出来る…疲れるけど
頑張って効率の良い家事をすることが出来ていた…ちょーハードだけど
3つ先のことまで考えて行動することが出来ていた…倒れるかと思うくらい疲れた
お母さんのためのアプリを家庭以外でも存分に発揮していた…病気になっても気づかないくらい
などなど…

いやぁ、母の呪いってコワイね
こういうアプリの搭載の仕方まで刷り込んで、
本当の私を隠そうとするんだよね

多分それは、
親から見捨てられたら子どもが生きていけないような
見捨てられ不安
今は大人だから、どうにか生きていけるんだけどね

怒られるんじゃないかという不安
誰が怒るの?母が!えぇ~!みたいな感じ

母から言われ続けたダメ人間に成り下がるんじゃないかという不安

お母さんがかわいそうだから、
私が頑張っちゃえスイッチ

全ては母のために私は前者アプリを搭載しているってこと

私のためのアプリではなくて (;_;)

      *アプリよりも鎧の方がしっくりくる方は、置き換えてみてください

じゃぁ、そのアプリを一個一個降ろしていかばいいや…

そうカウンセラーに言ったら、
必要なアプリだけ取っておいたらいいのよ

ん?う~ん、
えっと~、私に必要なアプリがわかんない orz

そーなんだよ、
だってさー、母のために身につけたアプリじゃん
自分が必要だったんじゃなくて、
サバイバルな暮らしに必要なアプリ身につけてきちゃったから、
どれが必要かわかんないよ~

自分のしたいことをもう一度紙に書いてみなさい
書いたものは、もしかしたら、母が関係しているかもしれないから、
それは消してね
自分が本当にしたいことを書いてみなさい

そう言われた

そこでハッとしたんだ

私、ブログに自分の居心地のいい場所、
自分らしく…って書いてるのに、
「私は」という主語が抜けてる
自分はこうしたい、よりも私はこうしたい…
の方が私には響くんだった

それがアプリに見えなくさせられていた
「私は○○したい」なのに…
『私は』がどっか行っちゃってたよ

きっとね、
アプリのない私はクラゲのようにプカプカ、ゆるゆるなんだと思うの
ジャイアンに何か言われても
「ふーん」「そー」「へー」とか、
全然耳に入ってないはずなんだと思う

だってさー、しっかりしなきゃいけないアプリを緩めたら、
学校公開忘れるし、
危うく保護者会も行かなかったとこだった
でもその時私は、そんな自分にダメ出しなんて出していなかったの

やっだ~、もぉ~
笑える!!私… (//>ω<)

って思ったのだよ

少し体が落ち着いたら、
私は何をしたいか紙に書くんだ
今は、喘息、頭痛が酷くてね… (ノ_<)

でも、昨日はFBで知った地元のお店に飲みに行って、
お友達が増えたんだ

それでいーや、
私は私が大切にしたい人を、
私が大切にしたいところを大切にしよう

そこで誰かと出会えたら、
それはラッキーということで…


時が経つということ

まだ私の心は癒えていない

次女をこんなことで、
バレエをやめさせることになってしまった自分を責めている

でもね、少しずつ悲しみとか、ショックとか、
色々な気持ちはその時よりも小さくなっている

事実は変えようないし、
相手は私が辞めるとか、
私が、今のように精神的に不安定になって頓服飲む機会が増えるなんて、
関係ないことだもんね

それだけ自分が疎外されていると勝手に感じて、
ハッキリ言ってくれたら
私は、さっさと身を引くのに、
そんなこともわからずに自分の感情をぶつけて、
それがまた変な日本語なのに
私がちゃんと理解してあげて、
こうやって相手も私も自分の居場所に戻れるようにしたのだった

何より、
私は私自身でいられる場所を選んだのだった

次女にたくさんお話しして、
お互い納得できる答えを出したと思う

次女は辞めたら、
スイミングと同じところで体育をやりたいんだって…
ジャイアンもOKしてくれたから、
落ち着いたら見学に行ってくるよ

自分自身でいられる場所を選んだことに後悔はしていない

後悔している
不本意ではないのは、
何回も書くけど
次女を辞めさせるということを選んだこと

でも、相手を責めていてもしょうがない
私とはコミュニケーション取れない人だし、
私の書いたことも勝手に都合よく書いてくる人だから、
こちらから切るしかない
そう思ったから…

私を責めてしまったら、
私が自分自身でいられる場所を
選ぶところまで行っていなかったと思う
ずーっと今も自分を責めていたことだろう

今回の出来事は私にとっては、
とてもショックなことだった

もう人は信用できない

そうも思ったけど、
それは一部の人たちだけ

私は人が好きだから、
それなりに信用し、
その中でまた傷ついてもいいや
そう思った
それも私の人生だから

今回のことで私がつまずいたのは、
私に何を伝えようとしているんだろう
そんなことも考えてみたけど(余裕ができたからかな)

今は、わかんないや (´∀`*;)ゞ

で、それも良し…としたの
そういうのって、もっと先になってから分かることかもしれないし…

私は、私が私らしくいるために、
私が自分で自分の心地いい場所を選択できた

以前の私は無理してでも次女のバレエにしがみついていたと思う

でも、それじゃあ、私はいなくなってしまう
私はもうここまで成長してしまったのだから、
我慢して相手の言いなりになる私ではない

バレエのテストがあるから、
さっさとやめます
…という行動はとれないけれど、
テストが終わったら辞めたいことを先生には伝えた
連絡係のことも

そして、いたくない場所に自分の身をもう置きたくないから、
リノリウムというマットを敷く作業も遠慮させてもらうことにした
正直に精神的に不安定だからと理由をメールで流した

これも正解だったんだ
私は性格的に色々気づいてしまうから、
何回も準備を手伝って要領を知っている私、
そこでまたチョコチョコ動かれたら、
彼女もやりにくいだろう

私が具合が悪いことを武器に、
端っこで小さくなっているのが
彼女にはバラ色な人生だろう

だから、無理をせず、時の流れていくままに
忘れていこうと思う

今が辛くても、
私には友達がたくさんいるから、
分かってくれる仲間がいるから、
それは私にとって大きな強みだから p(*^-^*)q

私は私だから 

DSC_0411.jpg 

色んなこと言われてもめげずに作り終えた~
私の強さと優しさを込めた作品、
お友達のところへ幸せを運んできてね

♪☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆


全容解明

愚痴だけ…ごめんなさいm(__)m

昨日の朝、土曜日のことがあったけど、
バレエの先生にスケジュールの確認をしたのに、
スケジュールの話をしておかないのは変に思われると思い、
同じ学年にメールを流した

その最後の文章に
「このように、予定を早めにお知らせしたり、
 上の学年での情報をメールで送信することは、
 皆さんの迷惑になっていないでしょうか?
 ご意見等ありましたら、ご連絡ください」
と書いた

早速返事があったのは、
例のお母さん
子どもが早熟だったら今の年でもスケジュール管理ができると思うけど、
まだウチはできないから、
送り迎えはこのままするつもり、
上の学年にいるから先生も連絡しやすかったのかもしれないね
これからは私がいるから大丈夫(今までありがとう)
と…しかも、顔文字付きで…

なるほど、読めたわ

彼女が言いたかったのはこう

私がリーダー、全て取りまとめるから、
関係ないアンタは引っ込んでて

と言いたかったのだろう
全て訳の分からない文章にしているけれど(口でもメールでも)、
毒親育ちで察するのに慣れている私は、
彼女の強く念じていた気持ちが分かったよ

そして、このメールと共に私は次女に謝り、
今回のバレエのテストを最後に
次女にバレエを辞めてもらう決心をした

「これからはスケジュールその他、一切関わるのは、辞めておきますね
 連絡係も〇〇さんにお願いするよう、先生に伝えておきます」
(もちろん、彼女にですよ)

その後、
彼女は自分の仕事が戻ってくることに大喜びした一斉メール
をガンガン送ってくる

そして、みんなの前だからと我慢したんでしょうね
私の前で散々怒りちらし、
みなさん、何言われたのかなんて知らないから、
みなさんが
「迷惑かけてごめんなさい」「負担だったんだね」etc.

そーんなこと全然思ってないし~
でも、誰も信用できない中にいたんだ、私…と再認識した
どーぞ、みなさん、その中で頑張ってね~

私が上の学年のいるママで、
偉そうに見えたんだろうね~
次女は後から来たくせに…
みたいなね

あ~あ、しばらくショックだわ~ orz

何がって、私の都合で習い事をやめさせなきゃいけないから…
それが一番申し訳ない

でも、私、神経図太くないから、
私が我慢してでも、
次女を習わせたいと思わない

でもでも、私も性格悪いから、

あなたの心がはっきり言われなくてもわかってしまったので、
優しい私はあなたの居場所を元に戻し、
あなたのリーダー的存在が確保できるように
身を引きます

と言えないことをここに書いておこうと思う

しばらく、ひっそり暮らします


心の叫び

またやってしまったよう…
また、色々言われたよ (;_;)

どうやら、私が余計な一言を言っているらしい… orz

何の話って、次女のバレエの時一緒のお母様のこと

し、か、も
私、その方のミスされる時に一緒にいることが多いんです

今回は、公民館を借りて次女のバレエでした
この公民館でバレエをする時は、
着替えてきた方がいいよ…
と同じ学年の皆さんにお伝えしていたはずなんだけど、
その子はその場で着替えることになり、
しかも普段のレッスン着ではなく、
テスト用のレオタード

あらら、忘れちゃったのね…
と思ったけど、
何も口にせず、
次女の手伝いを終えたら、
さっさとレッスン場を後にした

その後、私も「またね」と一言言えばよかったんだと思う
そのお母さんに…

でも、私の口から出てきた言葉は、
「またね」のつもりで「何かあったら連絡するね」だった

その言葉に腹が立ったようだった

「あなたね~、そういうのやめない?
 あなたの行動範囲まで私は知らないけど…」

つまりは公民館で待つなってこと


私はうつがあるので、
あまり行動しすぎて疲れないようセーブしている

私は長女の時も待っていたけど、
他の待っているお母さんもいたし、
私は待つことを強要していない(そう見えるのかもしれないけど)

実際、長女が具合悪くなったこともあるので、
私はそこにいるだけなの

その時間は、環境が変わってビーズができるから、
私にとっては有意義な時間なんだ +゚。*(*´∀`*)*。゚+

私が選んでこうしているだけ
待っているのをやめなさいよって言う類の言い方、
その方が強要していないの?

今は「またね」って言っておけばよかったのに…
とも思う
でも、「何かあったら連絡するね」って言葉は、
そんなに攻撃力があって、
嫌味なんだろうか…


私がうつだなんて思ってないんだな…

正直悲しくなった…
現実に… (ノ_<)

自分では勇気のいるカミングアウトをしたと思ってるから…
バレエのお母さん達に
正直に今の状況を話した方がいいと思って話しておいたのに…

そう見えないもんね、私…
きっとうつの人はバレエの付添なんてしないんだ
家で寝てるんだろうなぁ…
もっと「大変なんです!私!」って顔しているのかもしれない

でもね、コレが私なの
明るいうつって言われた私なの

家にいたって、
寝てるだけになっちゃうから、
こうして付添いしてみたり
気分転換してるわけだよ

私のことわかって、とは言わないよ

でも元気なはずの私が、父に車で送り迎えしてもらっていること
元気のはずの私が、料理しないで実家へ夕食を食べに行ってること
元気のはずの私が、付添できるのに、
  付添にきっぱなしでこの場所にいること

お気楽に見えるんだろうね

それで、小さなことにくよくよして…って思うんだろうか…

思わなければ、うつになっていないのだよ
もう治っているのだよ

ただ、治っても私は帰宅しようとは思わないだろうなぁ~
それまでにやらなくてはいけない家事をこなして、
行っていた方が、
行ったり来たりは疲れるもん

あ、私、そういう考えか…
じゃ、考え方がまるで違うじゃん

私はね、余裕のある私じゃないと子育てさえできないの
余裕のある私でいないと、
娘たちに迷惑かけちゃうの
それが嫌なの
余裕のある私でいたいの
毎日を気持ちよく、送りたいの

それじゃ、だめなの?

みんな忙しそうにしていて、
大変大変って言ってて、
時間いっぱい使って子育てと家事をやって…
そうしないとお母さんじゃないの?

2時間分の自分ができる家事はしてきたから、
ここで趣味に没頭する私はおかしいの?

まいっかぁ、
やることやって休むのが私流
(今はできること少ないけど)
無理しないって決めたの

だけど、だけどね…
その言葉に引き戻されそうになるわ…
以前の私に
余裕がなくて鬼みたいな顔して育児して家事してる私に…
戻ったら完璧私は毒親だ

そうなりたくないのだよ~~~~~

とりあえず、
今言いたいことをここに書いてみた
長々と愚痴にお付き合いいただき、ありがとうございました

DSC_0408.jpg